【社説】韓国のR&D投資は世界トップレベル、論文力は発展なし

【社説】韓国のR&D投資は世界トップレベル、論文力は発展なし

2015年10月21日14時36分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長が数日前、大田(テジョン)世界科学首脳会議において、韓国は研究開発(R&D)への投資が世界最高レベルだが、科学技術論文の影響力は低いと指摘した。韓国のGDP対比R&D投資の割合は4.15%でイスラエル(4.2%)を除けば世界最高水準である一方、論文の影響力は豪州、スペインなどと似たような水準で平均よりも若干低いということだ。外国人専門家の目に映った韓国科学技術界の現状だ。十分に予想していた内容でもある。

  韓国ほど短期間に国家R&D投資が急増した国もない。2002年の国家研究開発予算は4兆1230億ウォンに過ぎなかったが昨年は17兆7428億ウォンに急増した。13年で何と13兆ウォンほど増えた。10兆ウォンを超えたのが9年前だ。だが投資に比べて研究成果があまりにも貧弱だ。びっくりするほどの開発も見られない。事業化につながる研究成果は10%にもならない。ノーベル賞受賞とかけ離れているのはもちろん、海外の科学技術協力さえ依然として底水準だ。

  科学技術界は短期性と中心の研究開発政策を指摘する。論文だけで評価するシステムにも問題があると糾弾する。量的な評価に汲々としていてレベルの高い研究が出てくることができないシステムだというものだ。優秀性と早くから垣根をつくるような教育政策も問題として議論される。政府政策の総体的な失敗という話だ。だが研究の効率性を考慮しないまま経路依存症に閉じ込められて革新できない科学界にも明らかに責任がある。

  R&Dに17兆ウォンを使いながらもまともに成果を出せないのが韓国社会の力量とインフラだ。科学技術が物量攻勢に絶対に比例しないというのは言うまでもない。今年ノーベル生理学・医学賞を受けた日本の大村智教授も政府支援金はそんなに多くなかった。資金ではなくシステムが問題だ。社会の総体的な知識も共に後押しされなければならない。韓国科学技術界の自省と奮発が必要だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事