佐藤繊維「うちの糸でミッシェル夫人のカーディガンを編みました」(2)

佐藤繊維「うちの糸でミッシェル夫人のカーディガンを編みました」(2)

2009年11月27日10時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  彼が海外市場に目を向けたのは97年にイタリアの糸工場を視察してからだ。「われわれが生産するものは単純な糸ではない。ファッションの基礎を作る作業だ」という現地の職人の言葉に刺激を受けた。「100年かかってもアジアは欧州の紡績市場に追いつけない」というのが当時の欧州業者の通念だった。日本に戻った佐藤社長は「高くても世界でただひとつだけの製品を作らねば」という覚悟で新製品開発に取り組んだ。過去には日本産羊毛を主に使っていたが、原料も変えた。アフリカと南米、アジアなど世界を飛び回り最上級の原料を求めた。多様な材質の糸を生産するため、糸を紡ぐ機械も従業員らと力を合わせ直接開発した。

  そうした努力の末に南アフリカ産アンゴラ羊毛1グラムでモヘア糸を30メートルまで紡ぐのが限界だという従来の通念を打ち破り、より細く長く糸を紡ぎ出す技術を開発した。現在市場には44メートルまで伸ばしたものを出しているが、最大で52メートルまで可能だ。30種類の色を混ぜた糸、ウールで和紙を包んだ糸など、独創的な糸も相次いで開発した。

  佐藤社長は2年前にこれらの糸を持ってイタリアのニット糸展示場を訪れた。製品が出品されると、ニナリッチとシャネル、イブサンローランなどから高い評価を受け、すぐに納品契約を結んだ。佐藤社長はいまも毎年10種類前後の新しい糸を開発する一方、自分と妻の名前のニットブランドを作って販売している。韓国やタイ、米国など10カ国に輸出もしている。

  海外市場を開拓しながら95人だった従業員数は2倍に増えた。東京や大阪など大都市の若者たちが同社に就職しようと山形に集まっている。ミシェル夫人の就任式の衣装で名前が知られたことで佐藤繊維が作った自社ブランドのニットもケーブルテレビの通販番組やインターネット通販などで高い人気を呼んでいる。

佐藤繊維「うちの糸でミッシェル夫人のカーディガンを編みました」(1)


【ホットクリック】

・ 東方神起のジェジュン、日本人タレントあびる優と熱愛説
・ 佐藤繊維「うちの糸でミッシェル夫人のカーディガンを編みました」
・ 釜山室内射撃場火災の日本人負傷者が死亡…死者14人に
・ 【社説】鉄道労組のスト、法と原則に基づく処理を
・ コ・ヒョンジョン「チェ・ジウ、善良すぎて演技に支障」
・ <野球>金泰均・李机浩、日本で特級待遇
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事