チェ・ミンス、ハリウッド進出に赤信号

チェ・ミンス、ハリウッド進出に赤信号

2008年04月26日14時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  暴行事件を起こした俳優チェ・ミンス(46)のハリウッド進出に赤信号が灯った。

  チェ・ミンスの側近である映画会社の関係者は24日の記者会見後「プライドが強い人だから、今後の俳優活動をするしていくかどうかわからない」とし「記者会見も10分で決めて準備した」と明らかにした。

  またほかの側近は「俳優として大成しなければならないのに、こんなことが起こって残念だ」と述べた。

  映画会社の関係者によると、チェ・ミンスは最近、ロバート・デニーロ、アンディ・ガルシアらハリウッドスターたちと韓米日合作映画『ストリート・オブ・ドリーム』(仮)にキャスティングされていたが、暴行事件で出演が不透明になる見通しだ。同映画は韓国映画会社のヒョンジンシネマが製作に加わる。400億ウォンの制作費をかけるブロックバスター映画で、実在の人物の実話をもとに作られる。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事