【取材日記】「寒さとの戦争」平昌五輪開会式

【取材日記】「寒さとの戦争」平昌五輪開会式

2018年02月05日15時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
【取材日記】「寒さとの戦争」平昌五輪開会式
  2018平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)の開会式は「極限の寒さ」を体験する舞台になるかもしれない。模擬開会式が開かれた3日夜、行事場所の気温はマイナス14度だった。体感温度はマイナス22度にもなった。開会式が開かれる9日夜は気温がマイナス8度前後になると気象庁は予想した。

  この日の模擬開会式の参加者が体感した寒さは想像以上だった。午後9時が過ぎ、大関嶺(テグァルリョン)の冷たい風に耐えられず席を外す観客が多かった。組織委は「模擬開会式の参加者には組織委が用意した『開・閉会式防寒6点セット(ポンチョ・ひざ掛け・ホットパック座布団・手のホットパック・足のホットパック・防寒帽)』が支給されなかった」とし「問題点は残りの期間に補完する」と述べた。

  平昌五輪開会・閉会式当日の寒さは、行事場所オリンピックプラザの建設計画が発表された直後から提起されてきた問題だ。「4日間使用して撤去する建物に過度な予算を投入すべきでない」という共感の中、冬季五輪史上初めて屋根のない仮設建物形態で開会・閉会式場を建てた。それ以降、組織委は防寒対策を一つずつ準備しながら対応してきた。観客全員に支給する「防寒6点セット」を準備し、大関嶺を越えてくる強風を防ぐために観客席がある2階には風よけも設置した。競技場のあちこちにヒーターを設置し、医療スタッフも配置する。

  しかし防寒対策に劣らず運営要員の業務効率性を高める措置も必要だ。少数の人員が2万人近い観客のセキュリティーチェックをするため出入り口には長い列ができた。一部の観客は「開会式行事の内容よりも寒かったことしか覚えていない」と口をそろえた。観客が座席から近い出入口を容易に探せるよう案内システムを補強し、出入口ごとに管理人員を増やせば入場時間を減らすことができる。模擬開会式に参加したあるボランティアメンバーは「出入口管理業務を担当するボランティアメンバーがチケットの確認と座席案内業務に追われる間、一部の人は役割がなく競技場の周辺を歩いているメンバーもいた」と話した。

  平昌五輪は1988年ソウル五輪以来、韓国で30年ぶりに開催される五輪であり、初めての冬季五輪となる。開会式は平昌五輪のスタートを知らせる特別な舞台だ。しかも今回の五輪には北朝鮮が参加し、全世界の注目が集まっている。酷寒の記憶しかない平昌五輪という不幸な「記録」を残さないよう万全を期すべきだ。

  ソン・ジフン/スポーツ部記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事