米国務省「カーター氏、北朝鮮を訪問するには米政府の承認が必要」

米国務省「カーター氏、北朝鮮を訪問するには米政府の承認が必要」

2017年10月12日09時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ジミー・カーター米元大統領。
  ジミー・カーター米元大統領が北核危機の解決に向けた北朝鮮訪問の意思を明らかにしたことに対し、米国務省が10日(現地時間)「北朝鮮を訪問しても米国政府代表の資格でない」という反応を出した。ヘザー・ ナウアート米国務省報道官がこの日「(カーター元大統領が北朝鮮を訪問するためには)確かに政府の承認が必要だ。もし行くことになれば、米国政府の歓送を得られないだろう」と話した。カーター元大統領の北朝鮮訪問を許容するかどうかに対しても彼は「あらかじめ予断したくなく、確信できない」としながら「最終決定は私の所管を越えたもの」として回答を避けた。

  カーター元大統領の北朝鮮訪問への希望は先月28日、ジョージア州の自宅で彼に会ったジョージア大学のパク・ハンシク名誉教授が「カーター元大統領がビル・クリントン政府時代である1994年、北朝鮮を訪問して劇的な反転を引き出したように生前にもう一度、厳しい状況を解決するための役割を果たしたい」と伝えられた。

  カーター元大統領本人も4日、米ワシントン・ポスト(WP)紙に投稿した「私が北朝鮮の指導者から分かったこと」という記事で「北朝鮮の核施設に対する軍事攻撃やもう少し強力な経済制裁などは現在の危機を終わらせる即刻的な道にならない」として「米国政府は北朝鮮に平和協定の締結のための高官代表団を送らなければならない」と主張した。自身が北朝鮮を訪問するという直接的な表現は避けたが、北朝鮮訪問の希望を込めた文章で、記事を書いた背景と北朝鮮訪問への意思は北朝鮮にも伝えられたというのがパク教授の説明だ。

  カーター元大統領は米国が平安北道寧辺(ピョンアンブクド・ヨンビョン)の核施設を精密打撃しようとする計画を立てることで緊張が最高潮に達していた1994年6月、板門店を通って北朝鮮を訪問、金日成(キム・イルソン)主席に会った。個人資格の訪問だったが、金主席との対話の内容はクリントン当時大統領にすぐに伝えられた。その後、北朝鮮が核活動を中断する代わりに国際社会が軽水炉を支援するという内容の米朝ジュネーブ合意(94年10月)につながった。米政府は政府代表資格を与えなかったが、交通上の便宜を提供するなど礼遇を守った。

  カーター元大統領はまだ北朝鮮側から北朝鮮を訪問しても良いという回答を得ていない。そのうえに、ナウアート報道官の反応のように、米政府も歓迎していない。パク教授は「カーター元大統領がトランプ大統領にも2回程度にわたって北朝鮮訪問の意思を伝えたが、トランプ大統領が『(対北朝鮮問題は現職である)私がすることだ。元大統領が関与する領域でない。自分で処理する(Leave me alone)』と話したそうだ」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事