ブランド価値で世界6→4位に上がったサムスン…1~3位は?

ブランド価値で世界6→4位に上がったサムスン…1~3位は?

2018年02月05日14時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスンのブランド価値が世界で4番目に高いという調査結果が出た。昨年より2ランク上昇したものでアジア企業のうち最も高い順位だ。

  2日、英国の「ブランドファイナンス」が最近発表した「ブランドファイナンス Global 500」でサムスンのブランド価値は923億ドル(約10兆1560億円)で4位だ。昨年(662億ドル、6位)より金額に換算したブランド価値が39%上がった。昨年、半導体の好況で上げた過去最大の実績が影響を与えたという分析が出ている。

  ブランドファイナンスは「ギャラクシーS8、S8プラス、ノート8などスマートフォン新製品の好調で売り上げが急増した」として「絶え間ない先端技術開発の努力と『不可能なことを可能にせよ(Do What You Can‘t)』というブランドの哲学が消費者に反響を呼び起こしている」と評価した。

  グローバルブランド価値1位の会社は米アマゾン(1508億ドル)が選ばれた。昨年(3位)よりブランド価値が42%上がり1位になった。アップル(1463億ドル)は昨年と同じ2位となった。昨年1位だったグーグル(1209億ドル)はブランド価値の上昇幅が10%にとどまり、3位になった。

  フェイスブック・AT&T・マイクロソフト(MS)・ベライゾン・ウォルマートなどがサムスンの後に続いた。アジア企業ではサムスンの他に中国工商銀行(ICBC)が10位入りを果たした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事