<女子サッカー>「パク・ウンソン性別診断要求はセクハラ」

<女子サッカー>「パク・ウンソン性別診断要求はセクハラ」

2014年02月26日13時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
写真拡大
パク・ウンソン(ソウル市庁)
  韓国女子サッカー選手パク・ウンソン(27、ソウル市庁)の性別に疑問を提起した女子プロサッカーWKリーグ6球団の指導者が懲戒を受ける見込みだ。国家人権委員会がこれら指導者の行動をセクハラであり人権侵害だという結論を出した。波紋は一段落したが、被害者は依然として苦しんでいる。

  人権委は24日、全員委員会を開き、パク・ウンソンの性別を問題視したWKリーグの指導者の行為に対し、セクハラだという結論を出した。人権委は「『医学的な方法で性別を明確にすべきだ』という指導者の発言は該当選手(パク・ウンソン)に対して性別診断を要求したと解釈される」とし「これは客観的な観点で、性的に屈辱を感じるのに十分な状況であり、セクハラに該当する」と説明した。

  人権委は大韓サッカー協会長に該当指導者に対する懲戒を勧告した。また、文化体育観光部長官と大韓体育会長、大韓サッカー協会長、女子サッカー連盟会長などに再発防止のための対策を用意するよう勧告した。

  ソウル市庁を除いたWKリーグ6チームの指導者は昨年10月、パク・ウンソンの性別に疑問を提起し、「リーグの試合に出場できないようにするべき」と主張し、波紋が広がった。

  これに関し、パク・ウンソンの所属チームのソウル市庁が「2003年米国女子ワールドカップ(W杯)本大会を含め、国家代表でAマッチ20試合をしたパク・ウンソンに対して性別診断を要求するのは人権侵害であり、言語的セクハラ」とし、人権委に陳情書を出した。

  人権委の決定後にもパク・ウンソンの精神的な苦痛は続いている。最近、女子サッカー連盟がパク・ウンソンとWKリーグ指導者の仲裁に入ったが、選手が拒否した。ソウル市庁のソ・ジョンホ監督は「ウンソンは今まで該当指導者から電話や文字メッセージで一度も謝罪を受けていない」とし「まだ許す準備ができていないようだ」と伝えた。

  競技力も以前とは違う。昨年22試合で19得点し、WKリーグ得点王になったパク・ウンソンは、今年冬の現地練習では13試合で2得点と振るわなかった。ソ監督は「性別問題が浮上した後、ウンソンは自分をコントロールできていない」と話した。

  国際大会出場のため25日にキプロスに出国した韓国女子サッカー代表のエントリーからパク・ウンソンが抜けたのもこのためだ。ユン・ドクヨ女子代表監督は「ソウル市庁の練習試合を見たが、パク・ウンソンの体は重かった」とし「代表チームに選ばないのは人権委の決定と関係ない。いつでも実力が戻れば代表チームに選抜する」と話した。

  パク・ウンソンは慎重に海外進出を摸索している。過去には日本・ドイツ・米国などラブコールを送る海外クラブに関心がなかったが、最近になって考えを変えた。

  ソ監督は「最近ウンソンが『外国でやりたい』という話をよくする」とし「自分を追い出そうとした人たちとグラウンド内外で会う現実に負担を感じているようだ」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
面白い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事