現代・起亜車、ハイブリッド車の核心部品を独自開発(1)

現代・起亜車、ハイブリッド車の核心部品を独自開発(1)

2009年06月30日07時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  来月から国内でもハイブリッド車時代が開かれる。現代・起亜(ヒョンデ・キア)自動車は液化天然ガス(LPG)を燃料とする「アバンテ」LPIハイブリッド車を来月初め発表する。「フォルテ」ハイブリッド車は8月ごろ登場する。

  低価格のLPGを燃料として使用し、ガソリン・ハイブリッド車よりもさらに環境親和的かつ経済的というのが現代車の説明だ。政府公認燃費は17.8キロで、現在1600ウォンを越えるガソリン価格に換算すれば、実際には燃費が36.7キロにのぼるということだ。二酸化炭素(CO2)排出量も99グラム/キロと、国内環境車の代名詞になる見通しだ。

  価格は同級「アバンテ」「フォルテ」のガソリン車よりも200-300万ウォン高い。現代車のパク・ジンホ広報チーム次長は「準中型ガソリン車で2万キロを運行すれば燃料費は220万ウォン(約17万円)だが、「アバンテ」「フォルテ」ハイブリッド車は90万ウォンにすぎず、3年乗れば元が取れる」と話す。(6月第2週基準でガソリン1624ウォン/リットル、LPG754ウォン/リットル)

  問題はこの車が海外輸出不可能だという点だ。現在LPGを乗用車の燃料として使う国は韓国と日本程度だ。日本ではほとんどがタクシーが使用している。したがって国内専用のハイブリッド車にとどまる見込みだ。

現代・起亜車、ハイブリッド車の核心部品を独自開発(2)

【ホットクリック】

・ ハイブリッド車、下半期に韓国市場にあふれる
・ 韓国のグリーン・ニューディール政策、世界がベンチマーキング中
・ 最高の戦闘機F-22の「マッハ円錐」写真
・ 20代初め・30代後半の成人がネット中毒になる理由
・ <野球>林昌勇、オールスター戦出場へ
・ 羨望の対象‘長い脚’はがんになりやすい
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事