【中央時評】金正恩といつ交渉するだろうか=韓国(2)

【中央時評】金正恩といつ交渉するだろうか=韓国(2)

2017年12月07日16時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮との交渉は最適な時期に行われてこそ望ましい結果を得ることができる。そして、核開発を続けるなら北朝鮮経済が崩れる構図を作ってこそ最適な時期が到来する可能性がある。最近、北朝鮮のICBM挑発に対する国連安全保障理事会の制裁で原油と情製油の供給を中断する必要があるというのもこれを操り上げるためだ。中国がついに反対して中断でなく縮小に決まれば、その代わりに海外に派遣された北朝鮮勤労者を直ちに送りかえす案を受け入れるように中国とロシアに圧力をかけなければならない。

  それでは、交渉の最適な時期はいつだろうか。第一に、1年以上北朝鮮産鉱物がほとんど輸出されない時だ。鉱物輸出が難しくなれば北朝鮮経済成長率は2.5%以上下落するものと推定される。韓国銀行によると、これは98年以来最も低い成長率だ。また、北朝鮮の国際収支は90年以来最も大きい規模の赤字を見せ、政権の資金源が断たされることになるだろう。

  第二に、北朝鮮市場の取り引き規模が半分以上減る時だ。市場は住民だけでなく、そこから出る賄賂で生計を維持する官僚の命綱だ。彼らの所得下落は金正恩政権に対する不満につながる可能性がある。このため、経済的苦痛の原因が金正恩の核とミサイル開発にあることを彼らに知らせる情報流入が欠かせない。

  第三に、足りない外貨収入を補うために国家機関が民間保有の外貨を収奪する時だ。その結果、金正恩と住民の間で対立が高まる可能性がある。もし北朝鮮政権が国有資産を民間に売却して外貨を吸い込めば、彼らは北朝鮮の体制履行を促す可能性があるため肯定的だ。

  韓国政府は交渉さえすればすべてのことがうまくいくだろうという希望的思考を捨てるべきだ。むしろ、決裂した交渉は戦争に向かう扉を開くかもしれない。平和と自由を守るために冷徹に、また冷徹に取り組む必要がある。

  キム・ビョンヨン/ソウル大経済学部教授

【中央時評】金正恩といつ交渉するだろうか=韓国(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事