韓国初の原発、古里1号機が永久停止へ…40年の歴史に幕

韓国初の原発、古里1号機が永久停止へ…40年の歴史に幕

2017年06月18日10時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
19日の廃炉を控えた古里原子力発電所(写真=釜山市)
  韓国初の原子力発電所である「古里(コリ)1号機」が原子炉の火を消す。1977年6月19日に発電を開始してから40年ぶりだ。

  韓国水力原子力は17日午後1時から原子力発電所のタービンスピードを下げた後、午後6時ごろに完全停止させる計画だ。タービンは原子炉で作った高温・高圧の水蒸気をエネルギーに変換し発電機を回す役割をする。人で例えれば原子力発電所の心臓に当たる。

  タービンを停止させると300度に達した原子炉の温度が冷却剤の力で徐々に下がっていき、19日午前0時には90度ほどにまで落ちる。93度以下の原子炉は「低温停止状態」と呼ぶが、これを基点に韓国水力原子力は原子力発電所の永久停止判定を下す。

  釜山市機張郡(プサンシ・キジャングン)に建設した古里1号機は40年間にわたり15万5260ギガワット時の電力を生産した。1ギガワット時は4人世帯基準で約10万世帯が1日に使う電力量に相当する。古里1号機は稼動直後の1978年のオイルショックを経て安定的にエネルギーを供給し、鉄鋼・造船・石油化学産業の発展に寄与した。2007年に30年の寿命を満了したが、安全点検を経て寿命を10年延長した。

  だが2011年に福島原子力発電所事故が起きてから安全問題が議論されるようになり、古里1号機の廃炉をめぐる議論が浮上した。産業通商資源部は2015年6月に古里1号機の永久停止を韓国水力原子力に勧告し、韓国水力原子力は寿命再延長を申請しないことを決めた。9日に原子力安全委員会が「古里1号機永久停止運営変更許可案」を議決したことで40年間の発電を終え歴史の中に消えることになった。韓国水力原子力関係者は「原子力発電所を完全に解体するのに10年以上かかると予想されるだけに安全な原発解体のために努力したい」と話している。

  韓国の原子力発電所の嚆矢である古里1号機が永久停止され原発の賛否をめぐる議論が拡大する見通しだ。文在寅(ムン・ジェイン)政権は脱原発、親環境をエネルギー政策の基調に掲げている。現在工程率30%水準である新古里5・6号機の建設中断と月城(ウォルソン)1号機の廃炉議論が出てくる恐れがある。古里1号機退役式が開かれる19日に文大統領が脱核エネルギーロードマップを出すのではないかとの観測も出ている。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事