「韓日海底トンネルを造ろう」

「韓日海底トンネルを造ろう」

2010年04月15日17時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  [庚戌国辱100年紙上座談会・下]韓日元老6人が100年を論ずる

  ◇G20・APEC…共同プロジェクトの可能性

  --韓日は11月にソウル主要20カ国・地域(G20)首脳会議と横浜APEC首脳会議を開催する。 韓日両国の協力のために両会議をどのように活用するのが望ましいか。 また02年ワールドカップ(W杯)共同開催のように韓日両国が一緒に推進できるプロジェクトは。

  朴泰俊(パク・テジュン)=民族主義を話す人もある。 もちろん今は分断状態だから「民族」を重視しなければならないが、だからといって韓民族だけで何でもできるわけでない。 われわれは巨大な中国とも通じているし、海にも出て行ける。 韓国と日本が共同で韓日トンネルを掘ってみよう。 そうすれば東京から車に乗ってロンドンまで行くことができるだろう。 誰かが北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長に「扉を開こう。 扉を閉じているから発展しない」と話せばよい。 トンネルを通せば日本が韓半島に侵略しやすくなると批判する人もいるが、今のこうした世の中でどうやって日本が侵略するのか。 半島国家のローマが大陸と海洋に出て行ったことを考えてみよう。 韓国もローマと同じ役割ができる。

  孔魯明(コン・ロミョン)=原則的に韓日海底トンネル建設には賛成する。 非常に大きな戦略的意味がある。 北朝鮮さえ通過すれば欧州につながる新しいシルクロードだ。 国際舞台での共同プロジェクトや協力は多いほどよい。 APECとG20の加盟国は相当部分が重なる。 関係当局がうまく調整してこそ会議は成功する。

  李御寧(イ・オリョン)=日本は先進国、中国は中進国、韓国は先進-中進の間をつなぐ役割分担をすればよい。 スポーツの場合、お互いを応援する雰囲気ができればいい。

  中曽根康弘=政治的な結合の強化を通して、文化や経済の面でも提携・協力が強まることを期待する。 今は政治的友好および提携関係の基盤の上で、それを実現する青写真を3カ国が作っていく段階に入った。

「朝鮮王室文化財の返還、韓日友好の象徴になる」

「天皇の訪韓は過去清算の大きな転機に」

【ホットクリック】

・だるまのように起き上がった韓国経済
・ 【海軍哨戒艦沈没】天安艦の左舷に衝突
・ 「独島広告を下ろせとは…」 日本領事館の手紙に米LA同胞が怒り
・ 東方神起の3人、日本でユニットを結成
・ 北朝鮮、実戦を彷彿させる大規模火力デモ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事