「中国人は用を足すように座って食事」…アインシュタインの人種差別日記

「中国人は用を足すように座って食事」…アインシュタインの人種差別日記

2018年06月14日16時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
アルバート・アインシュタイン(中央フォト)
  「中国人は勤勉だが汚くて鈍い。日本人は知的欲求が弱い」。

  人道主義者と知られていた科学者アルベルト・アインシュタインが日記帳に東洋人を侮蔑する文を書いていたと、英日刊ガーディアンが12日(現地時間)伝えた。

  米プリンストン大学はアインシュタインが1922年10月から1923年3月まで中国と日本、スリランカなどを旅行して書いた日記を整理し、『アインシュタインの旅行日記』を出版した。アインシュタインは人種差別を「白人の病気」と批判した人道主義者として知られていたが、旅行中に会った東洋人を蔑む内容を残していたことが分かった。

  アインシュタインは中国人を「勤勉だが、汚くて鈍い」とし「子どもさえも活気がなく鈍い」と書いた。また「中国人は椅子に座って食事をするのではなく、ヨーロッパ人が森で用便するようにしゃがんで非常に静かに食べる」と説明した。さらに「中国人は男女の差がほとんど分からない」とし「中国の女性に何の魅力があって子どもを多く産むのか分からない」などの内容もあった。

  アインシュタインの日記には中国だけでなくスリランカと日本に関する内容も書かれている。アインシュタインはスリランカについて「巨大なゴミの中で生きている」とし「あまり働かず多くを必要としないのが単純な生活の経済的サイクル」と表現した。

  日本人には比較的友好的な評価を残した。アインシュタインは日本人を「謙虚で上品で非常に魅力的」と評価した。その一方で「この国の知的欲求は芸術的な欲求に比べると弱いようだ。持って生まれた気質なのか」と書いた。

  アインシュタインの日記プロジェクトを進めたカリフォルニア工科大のジブロレンクランツ教授は「多くの言葉が我々を不快にしたが、特に中国の部分がそうだった」とし「これは偉大な人道主義者としての彼のイメージとは異なる」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • アルバート・アインシュタイン(中央フォト)
  • 1922年にアインシュタインが中国旅行後に書いた日記(写真=ヘブライ大学・モルガン博物館)