「米戦略爆撃機が韓半島飛行中、トランプ大統領はホワイトハウス状況室に」

「米戦略爆撃機が韓半島飛行中、トランプ大統領はホワイトハウス状況室に」

2017年10月12日09時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国のB-1B戦略爆撃機2機が韓半島(朝鮮半島)上空を横断しながら北朝鮮に武力示威をした10日、トランプ大統領はホワイトハウスの状況室でマティス国防長官、ダンフォード米統合参謀本部議長らとこの状況を見守った可能性が高いと伝えられた。

  米空軍のB-1B「ランサー」2機がグアムのアンダーセン空軍基地を離陸したことは10日午後8時50分ごろ(日本時間)。日本航空自衛隊の戦闘機編隊と連合訓練をした後、韓国防空識別圏(KADIZ)に入り、東海(トンヘ、日本名・日本海)上空で仮想空対地ミサイル射撃訓練を実施した。その後、韓国空軍のF-15K戦闘機2機とともに内陸上空を西側に飛行した。西海岸でまた仮想空対地ミサイル射撃訓練をした後、韓半島上空を離れた。午後11時30分ごろだった。

  ホワイトハウスが10日午後(現地時間)に発表した声明と日程表によれば、トランプ大統領はB-1B展開当時、マティス国防長官ら国家安全保障会議(NSC)関係者とホワイトハウス状況室にいた。NSCチームと何時に会ったかは公開されていないが、B-1Bの韓半島上空展開時間と多くの時間が重なる。ワシントンの外交消息筋は「トランプ大統領が報告を受けた場所は大統領執務室のオーバルオフィスではなくホワイトハウス状況室だったという点で、B-1Bの韓半島展開とミサイル射撃訓練の場面を見守っていた可能性が高い」と伝えた。

  ホワイトハウスの状況室は2011年当時にオバマ大統領が米同時多発テロを主導したウサマ・ビンラディンの射殺作戦について随時報告を受けた場所だ。韓国軍の関係者は「戦闘機の出撃など北側の対応はなかった。電力事情やレーダーの性能などを勘案し、B-1B展開当時は対空レーダーを稼働していなかったとみられる」と述べた。

  ホワイトハウスは異例にも声明を出し、状況室会議について詳細に公開した。「トランプ大統領はNSCチームと北朝鮮の攻撃、北核脅威に対応するためのさまざまなオプションについて議論した。国防長官と統合参謀本部議長から直接『オプション』に関する報告を受けた」と紹介した。また「NSCチームの報告と議論の焦点は、いかなる形態の北朝鮮の攻撃にも対応し、米国と同盟国を核兵器で威嚇するのを防ぐための多様なオプションに合わされた」と述べた。

  この日、軍首脳部が報告したオプションの具体的な内容は公開されていないが、状況室で大統領に報告したという点で軍事的オプションが深く扱われたとみられる。

  ワシントンのシンクタンク「国家利益センター」のカジアニス国防研究担当局長はこの日、ツイッターに「北朝鮮のミサイル発射が迫っているとみて(迎撃などの)対応案を議論したのだろう」と述べた。これに関連しマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題)はこの日午後、米戦略国際問題研究所(CSIS)の行事に出席した後、中央日報の記者との対話で「確実に今は決定的な時期(critical time)」とし「しかし我々は文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍首相と絶えず調整している」と述べた。

  トランプ大統領は10日、NSCチームとの会議の後、キッシンジャー元国務長官に会い、北朝鮮核問題と「米中ビッグディール論」について幅広く意見を交換した。この席でキッシンジャー元長官は北朝鮮問題をめぐる中国との談判の必要性を強調したと伝えられた。

  一方、米最新原子力潜水艦「ツーソン」(SSN-770)がすでに7日に慶尚南道鎮海(チンヘ)港に入港し、11日に出港したと、軍関係者が明らかにした。ロサンゼルス(LA)級の「ツーソン」は全長110メートルほどでステルス機能が優れている。またトマホークミサイル用垂直発射管12基と魚雷発射管4基を装着している。今週末には別の原子力潜水艦「ミシガン」(SSGN-727)が釜山(プサン)に入港する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事