釣り銭をポイントに積み立て、コインレス社会へ第一歩=韓国

釣り銭をポイントに積み立て、コインレス社会へ第一歩=韓国

2017年04月20日13時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「1300ウォンです。お釣りは積み立てましょうか?」

  20日から主要コンビニエンスストアとマートで釣り銭を硬貨の代わりにポイントで積み立てできる。韓国銀行が流通会社5社とともに全国2万3000カ所の店舗で「コインレス社会」の試験運営を始める。全国にある主要コンビニチェーン3社(CU、セブンイレブン、ウィズミー)と大型流通チェーン2社(イーマート、ロッテ百貨店・ロッテマート・ロッテスーパー)でコインレス取引ができる。現金を支払う際に交通カード(Tマネー、キャッシュビー)やメンバーシップカード(新韓FAN、ハナマネー、ネイバーペイ、Lポイント、SSGマネー)を出すとそのカードに釣り銭分を積み立ててくれる。

  19日にソウル・小公洞(ソゴンドン)の韓国銀行近くのコンビニで試演に参加してみた。1300ウォンのコーラを買い現金2000ウォンを出すとレジが釣り銭700ウォンを積み立てるかと尋ねる。これまでのように硬貨で受け取るのか、ポイントとして積み立てるのかを購買者が選択すれば良い。積み立てられるスマートフォンアプリのバーコードを提示した。レジ画面と領収書に釣り銭受領確認が表示される。コインレスの現金購入が簡単に終わった。一部店舗ではスマートフォンアプリではなくカードにも積み立てられる。ただし合計7種類の交通カードとポイントカードが店舗ごとに異なって適用されるのは限界だ。該当コンビニ・マートで使える積み立てカードを事前に確認して利用しなければならない。

  積み立てた小銭は各流通会社のポイントと同じように使える。新韓FANマネーとハナマネー、ネイバーペイの場合はモバイルで口座入金され、Lポイント、SSGマネーはコールセンターに申請して口座に送金する。韓国銀行は試験運営がうまくいけば積み立てた小銭がポイントを経ず口座に直接入金されるシステムを用意する計画だ。韓国銀行のチャ・ヒョンジン金融決済局長は「現在では硬貨が完全になくなるのではなく釣り銭積み立てサービスを始める段階。口座入金方式が適用されればしっかりとしたコインレス社会が具現されるだろう」と話した。韓国銀行は2020年までに対象事業所を薬局などに拡大する計画だ。

  釣り銭ポイント取り引きを奨励する理由は硬貨流通管理にかかる費用を減らすためだ。韓国銀行によると昨年は硬貨製造に年間600億ウォンほどがかかった。これに対しクレジットカードや各種ペイなど電子決済手段の発達により現金の使用は急速に減っている。昨年の現金決済率は26%でクレジットカードの50.6%の半分水準だった。

  ただしコインレス社会が本格進行されると露天商や在来市場など電子金融に相対的に弱い事業所の疎外現象が深刻化されるとの懸念が提起される。小銭取引内訳まですべて露出されプライバシー侵害が加重されるという指摘もある。チャ局長は「長期的には零細商圏にも現金ではない電子決済手段を適用する案を考えている。無記名積み立てカードは所有主がわからず取り引き内訳露出から自由だ」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事