大韓航空「迅速かつ正確に乗客を緊急脱出させた」(1)

大韓航空「迅速かつ正確に乗客を緊急脱出させた」(1)

2016年05月30日09時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  27日、東京の羽田空港を出発して金浦(キンポ)空港に向かう予定だった大韓航空旅客機の左ウイング下のエンジンから火災が発生する事故が発生した。滑走路を移動中だったところで、搭乗していた乗客253人は非常脱出によって大きな負傷もなく全員が脱出した。だが大韓航空の乗務員が乗客を緊急脱出させる過程で適切な措置を取ったかをどうかをめぐり論議が起きた。大韓航空乗務員がまともに対応していなかったという指摘だが、これに対し大韓航空にいちいち反論する資料を出した。マニュアルどおり迅速かつ正確に乗客を脱出させたというのが大韓航空側の主張だ。

  ◆非常脱出過程が不適切だったという指摘に細かく反論

  大韓航空がこうした反論資料を出したのは、大韓航空の現職副機長キム・スンギュ氏のフェイスブックの文章が大きな反響を呼んだことも作用した。キム副機長は28日午前1時ごろ、自身のフェイスブックに書いた文で某通信社の記者が書いた記事に言及して「記者がまともに取材もしないまま書いた記事だ」として「大韓航空の乗務員は、全員が学んだ通り完ぺきに緊急脱出を実施した」と主張した。フェイスブックではキム氏が書いた文章に2000件を超える「いいね」がつき、500回以上共有されるなど反応が熱かった。

  議論になっている1つは、客室乗務員が声ばかり張り上げて組織的に対処できなかったということだ。これに対する大韓航空の主張はこうだ。

  --乗務員の非常事態の規則遵守は大声を出し(Shouting)、簡単明瞭に情報を伝えることによって乗客が安全に避難できるよう促す。一部の乗客の立場としては不明瞭に見えるかもしれないが、そのようにしなければ乗客を早期に降機させにくい。

  --合わせてほかの乗客に対する負傷の危険性、スライドの破損などを考慮して乗客に手荷物を捨てて脱出するようにとの指示も一緒に出した。

大韓航空「迅速かつ正確に乗客を緊急脱出させた」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事