平昌五輪組織委員長に元経済官僚の李熙範氏が内定…期待と憂慮

平昌五輪組織委員長に元経済官僚の李熙範氏が内定…期待と憂慮

2016年05月04日07時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李熙範(イ・ヒボム)氏(67)
  趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長の後任に李熙範(イ・ヒボム)元産業資源部長官(67)が平昌(ピョンチャン)オリンピック組織委員長に内定した。

  組織委は趙亮鎬前委員長の辞任後、業務の空白を最小化するために各界の意見を聞き、李元長官を委員長候補に内定したと3日、明らかにした。組織委の関係者は「海外公館勤務経歴がありグローバルマインドを持ち、元経済官僚らしく予算の効率的執行管理にも寄与すると期待する」と説明した。李氏は執行委員会と委員総会を経て、文化体育観光部長官の承認が出れば就任する。

  ソウル大電子工学科を卒業した李熙範氏は1972年に行政考試に首席合格した。盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領在任中の2003年12月から2006年2月まで第8代産業資源部長官を務めた。退任後はSTXグループエネルギー部門総括会長、LG商事代表取締役を務めた。2008年には光州(クァンジュ)夏季ユニバーシアード招致委員長を引き受けた。唯一のスポーツ関連の肩書だ。しかし当時、2013年大会の招致競争で光州はロシアのカザンに敗れた。

  スポーツ分野の経験が少ない李氏が平昌組織委員長に内定したのは適任者がいないからだ。韓国スポーツ界を率いた大物は事実上、一線から退いた状態だ。平昌五輪の招致に最も寄与した李健熙(イ・ゴンヒ)サムスングループ会長(74)は2年前から病床にいる。IOC委員を務めた朴容晟(パク・ヨンソン)元斗山グループ会長(76)は賄賂供与罪で裁判を受けている。中央大理事長の朴会長は特恵を受けるために朴範薫(パク・ボムフン)元青瓦台(チョンワデ、大統領府)教育文化首席秘書官に賄賂を渡した容疑を受けている。

  「天下り人事」という声は避けられない。2014年7月に金振ソン(キム・ジンソン)初代平昌オリンピック組織委員長(68)が退いた時も似たことがあった。当時は鄭昌洙(チョン・チャンス)韓国観光公社社長が組織委員長に内定したが、一日で決定が撤回された。結局、固辞していた趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が政府の勧誘で委員長を引き受けた。最近、文化体育観光部と組織委の間に摩擦があり、政府が趙会長の後任を早期に決めたという声も出ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事