韓国のすべての小中高校からコーヒー完全に消える 今年9月より

韓国のすべての小中高校からコーヒー完全に消える 今年9月より

2018年06月14日15時41分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年9月より、韓国のすべての小中高校からコーヒーが消える。

  14日、韓国食品医薬品安全処によると、「こども食生活安全管理特別法一部改正案」が9月14日から施行される。

  この改正案によると、小中高校などすべての学校で、コーヒーなどの高カフェイン含有食品を販売できなくなる。今まではコーヒー飲料などが学校内の売店やコーヒー自販機を通じて販売されていたが、これが完全に禁止されるということだ。

  今回の改正案の施行は、こどもや青少年に正しい食生活習慣の定着に向けた措置の一環だ。青少年がコーヒー等を通してカフェインを過剰摂取すると、目まいや動悸、睡眠障害、神経過敏などをまねくことがあるためだ。

  食品医薬品安全処は「青少年はカフェイン含有量が高いコーヒーやエネルギー飲料を摂取するときは注意が必要」としながら「通常、体重60キロの青少年が一日コーヒー飲料1缶とエネルギー飲料1缶飲んでも1日の最大カフェイン摂取勧告量である150ミリグラムを超過する」と警告した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事