<W杯サッカー>韓日、主軸選手の負傷でも「同病相憐」

<W杯サッカー>韓日、主軸選手の負傷でも「同病相憐」

2018年05月10日14時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中央DF金敏在(写真提供=Nike)
  2018ロシアワールドカップ(W杯)本大会を控えたアジアの強豪、韓国と日本が、主軸選手の相次ぐけがに頭を悩ませている。最終メンバーからけが人を除くと物足りなさが感じられ、W杯代表チームに含めれば「使えないカード」となるおそれがあり、焦る状況までも似ている。

  サッカー韓国代表(監督・申台龍)は「左足のスペシャリスト」を失った。9日に蔚山(ウルサン)文殊(ムンス)競技場で行われたアジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で、水原サムスンのベテランMF廉基勲(ヨム・ギフン)が蔚山現代戦の後半32分、右わき腹の痛みを訴えて交代した。病院で検査を受けた結果、肋骨の骨折だった。ひびという程度ではなく折れていたのだ。

  肋骨の骨折は4週以上の治療が必要だ。リハビリ中は力を入れたり動いたりすることができない。廉基勲がW杯に出場できなければ、FKやCKなどセットピースからのチャンスで難しい状況を迎える。廉基勲は韓国代表で「左足の第一人者」であり、後輩を激励する「温かいリーダーシップ」で申台龍(シン・テヨン)監督から信頼されてきた。

  主軸DFのけがの回復状況も心配だ。3月の北アイルランドと強化試合では左DF金珍洙(キム・ジンス、全北)が、4日にはKリーグの試合で中央DF金敏在(キム・ミンジェ、全北)がけがをした。中央DFのパートナー洪正好(ホン・ジョンホ、全北))と張賢秀(チャン・ヒョンス、FC東京)もけがのためコンディションが良くない。申台龍監督は14日の最終メンバー発表を控え、廉基勲など負傷中の選手を含めるかどうか、出場できない場合の代わりの選手まで悩まなければならない負担を抱えている。

  日本代表は戦術の核心となる香川真司(ドルトムント)のけがのため頭を悩ませている。左足首のけがが再発し、ロシアW杯に出場できるかどうか不透明だ。ハリルホジッチ前監督に代わって指揮棒を握った西野朗監督は最近、香川の状態を確認するためにドルトムントを訪れた。しかし西野監督は「(香川の)トレーニングを見られるかと思ったけど、できなかった。W杯へ気持ちの強さは感じるが(体の状態と)ギャップがある」とため息をついた。

  香川は足首のけがと回復、再発を繰り返し、2月以降、所属チームの試合に出ていない。W杯を控えてけがから回復しても、実戦感覚をどれほど高められるかは分からない状況だ。長谷部誠(フランクフルト)のMFのパートナーとして期待された22歳の井手口陽介(クルトゥラス・レオネサ)はけがとは関係なくスランプに陥っている。

  大小のけがでしばらく所属チームの試合に出場できなかったFW岡崎慎司(レスターシティ)のほか、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF清武弘嗣(セレッソ大阪)らは最終メンバー入りに問題はないとみられるが、回復が遅れて心配される選手たちだ。

  在日スポーツコラムニスト慎武宏(シン・ムグァン)氏は「日本代表で香川真司の戦術的な存在感は韓国の孫興民(ソン・フンミン)に匹敵するほど」とし「香川がW杯に出場できない場合、日本の決勝トーナメント進出戦略への支障が避けられないだろう」と予想した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事