前韓国国防部長官「THAAD配備、国家利益を考慮した決定」

前韓国国防部長官「THAAD配備、国家利益を考慮した決定」

2017年07月14日11時16分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓民求国防部長官。
  韓民求(ハン・ミング)前国防部長官が14日、離任式で過去3年余りの間の功罪を顧みて「在韓米軍のTHAAD配備は大韓民国の安保と韓米同盟、そして国家利益を最優先に考慮して推進した」と明らかにした。

  韓前長官は「軍事対備態勢を強固にして敵の地雷・砲撃挑発時に断固として対応し、韓国型3軸体系構築の基盤を固め、カスタマイズ型抑制戦略の実行力を向上することで高まっている北朝鮮の核・ミサイル脅威に備えた」と伝えた。

  それと同時に「これまでの道を振り返ってみれば、国家と国民の安全と危機がかかっていることなのでどの一つも疎かにすることはできなかった」と強調した。

  韓前長官は「政策を推進する時は、法規を守りながらひたすら国家と国民を基準にした」とし、「国防業務の特性上、率直な疎通が難しい時もあり、時には誤解と非難を受け止めなければならなかった」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事