<サッカー>「孫興民はアジアのベッカム」

<サッカー>「孫興民はアジアのベッカム」

2019年05月13日10時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
孫興民(ソン・フンミン)は最近、アジアのベッカムと呼ばれている。孫興民は韓国はもちろん、アジアと全世界でもファンから愛されている。(アディダス)
  国内外で孫興民(ソン・フンミン、27、トッテナム)の人気が急上昇している。孫興民が全世界のトッテナムファンから「今年の選手」に選ばれた。「今年のゴール」も孫興民が決めたゴールだ。

  トッテナムは11日、英ロンドンのトッテナム・ホットスパースタジアムで公式サポータークラブが選定する今年の授賞式行事を開いた。全世界のトッテナムファンクラブ会員は2018-19シーズンの「今年の(トッテナム)選手」に孫興民を選んだ。

  また、孫興民が昨年11月25日にチェルシーとのプレミアリーグ試合で50メートルほどドリブルして決めたワンダーゴールを「今年のゴール」に選定した。トッテナム球団はまだ公式発表をしていないが、トッテナムのファンクラブ「プラウド・リリーホワイツ」が11日に先に公開した。

  孫興民は3月1日の「ロンドンフットボールアワーズ」でロンドン縁故チーム所属の最高選手に与えられる「プレミアリーグ今年の選手」賞を受賞した。この受賞はトッテナムファンから認められたということであり、さらに意味深い。

  孫興民は最近、「アジアのベッカム」と呼ばれている。イングランドサッカーの代名詞であり全世界サッカーのアイコンのデビッド・ベッカム(44、イングランド)に例えられたのだ。3月8日の英紙ガーディアンは「孫興民はアジアのベッカム」と紹介した。トッテナムのポチェッティーノ監督も年初に「孫興民は『アジアのベッカム』と呼ばれるほどの選手」と語った。

  1996年から2009年までイングランド代表のMFとして活躍したベッカムは、容貌と正確なフリーキックで注目を集めたワールドスターだ。英国のビートルズのように全世界にファンがいる。ベッカムの「ソフトモヒカン」が韓国でも流行するほどだった。

  孫興民は韓国で「アイドルスター」に劣らない人気だ。ガーディアンは「孫興民は韓国の空港から出るとロックスターのように歓待を受ける」と伝えた。英ゴールドットコムは7日、「『韓国のベッカム』孫興民は全世代に愛されている。若い世代にはK-POPスターの人気の方が高いかもしれないが、老若男女を問わず好かれる人物は孫興民だけだ。孫興民だけが国を一つにさせることができる」と伝えた。早朝から孫興民の試合をテレビで見るファンも多い。

  孫興民はアイドルグループ防弾少年団(BTS)のようにアジアはもちろん全世界で愛されている。米CNNは先月17日、孫興民を「アジアで最も人気があるスポーツ選手」と紹介し、「3月基準でソーシャルメディアのフォロワー数が198万人で、アジアスポーツスターで1位」と伝えた。日本サッカー選手の香川真司(ベシクタシュ、175万人)、台湾系米国人バスケット選手のジェレミー・リン(トロント、170万人)を上回った。

  国内外の政界でも孫興民に対する関心は大きい。クウェートのマルズーク国会議長は2日、クウェートを訪問した李洛淵(イ・ナギョン)首相に「孫興民さえ私我々に与えてくれればアブドラの新都市と病院をすべて渡す」と冗談を言った。あえて関心を向けなかった中国と日本のメディアも最近は孫興民の活躍を取り上げている。

  孫興民がアジアのベッカムと呼ばれる理由は誠実な態度に実力まで兼ね備えているからだ。大きな試合に強いところもある。ベッカムは2002年ワールドカップ(W杯)アルゼンチン戦で決勝ゴールを決めるなど3大会連続でワールドカップ(W杯)で得点した。孫興民はトッテナムのマンチェスター・シティとの欧州チャンピオンズリーグ準々決勝で3得点した。

  現在、英レスターシャーのラフバラー大学にいる体育哲学者のキム・ジョンヒョ博士は「少なくともトッテナムのファンの立場だけで見れば孫興民の人気はベッカムを上回る。このように立派な選手を安く保有しているトッテナムは非常に運が良いチームという評価を受けている。BBC放送の公益PRプログラムでも孫興民がドリブルする姿が登場するほど」と現地の雰囲気を伝えた。

  またキム博士は「孫興民を眺める英国人の目は大きく人種と実力の観点が混ざっている。人種差別は英国人でない異邦人なら経験する偏見と差別のような感情的な領域だが、孫興民はアジア出身だが他の外国人選手とは比較できないほど英国人から愛されている」とし「特に英国人は孫興民の笑顔と前向きな態度を好む。人種的偏見を武装解除させる魅力が確実に孫興民にはある」と分析した。

  英国の紳士と呼ばれるベッカムが常にジェントルであるように、常に笑顔を失わない孫興民は「ハッピーボーイ」と呼ばれる。ガーディアンは3月9日、「国際女性デー」行事に孫興民にインタビューし、「オフの日に喜んで球団の行事に参加した。しかも10分早く現場に到着した」とし「孫興民がファンを魅了するのは謙虚な性格とあふれるエネルギー、笑顔のおかげ」と伝えた。

  孫興民はベッカムと同じ背番号7を付けてプレーする。代表チームの主将を務めた点も共通している。ベッカムがそうだったように孫興民もCMスターとして株価を上げている。孫興民は現在、カミソリ(ジレット)・時計(タグ・ホイヤー)など8つの製品の広告モデルとして活躍している。2人のスターはともにスーパーカー好きだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事