<平昌五輪>南北合同チームの初試合は合格点…世界5位スウェーデンに善戦(1)

<平昌五輪>南北合同チームの初試合は合格点…世界5位スウェーデンに善戦(1)

2018年02月05日13時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
競技を指導するマリー南北合同チーム総監督(後列右)とパク・チョルホ北朝鮮監督。(写真=共同取材団)
  北核危機の中、韓国と北朝鮮、米国が薄氷の上を歩いている。こうした状況で韓国と北朝鮮、そして養子として米国で育った選手らが氷の上で息を合わせた。平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)に出場する女子アイスホッケー南北合同チームが4日、仁川(インチョン)仙鶴(ソンハク)リンクで行われたスウェーデン代表との強化試合で見せた場面だ。

  五輪で初めて結成された南北合同チームの選手は「KOREA」と統一旗(韓半島旗・朝鮮半島旗)が入ったユニホームを着て競技場に現れた。合同チームは米ブランドのナイキではなくフィンランドのテクラ(TEKLA)が製作した青のユニホームを着た。理由は正確に伝えられていないが、米国の対北朝鮮制裁を意識した措置と見られる。試合前には愛国歌(韓国の国歌)ではなく民族の歌「アリラン」が流れた。

  この日、競技場の観客席(2900席)はぎっしり埋まった。南北共同応援団はこの日、「私たちは一つ」と叫んで合同チームを応援した。試合後の公式記者会見には世界各国から来た100人以上の記者が集まった。試合前、合同チームの選手が集まり、主将パク・ジョンアがスティックで氷上をたたきながら「オイ!オイ!オイ!チームコリア!」を叫ぶと、南北の選手が一斉に声を合わせて叫んだ。

  この日、合同チームの第2ライン構成は破格的だった。韓国のハン・スジン、イ・ウンジ、キム・セリンと共に北朝鮮のチョン・スヒョン(22)、養子として米国で育ち五輪前に韓国国籍を回復したDFパク・ユンジョン(26、英語名マリサ・ブランド)が息を合わせた。韓国・北朝鮮と米国出身の「氷の女王」が同じ組でプレーしたのだ。

  チョン・スヒョンは昨年4月、江陵(カンヌン)で行われた世界選手権で5試合に出場し、2得点-2アシストをマークした北朝鮮のエース。1992年に韓国で生まれて生後4カ月に米国に渡ることになったパク・ユンジョンは、2年前に韓国国籍を回復して太極マークを付けた。米国の養父母の間に生まれたパク・ユンジョンの妹のハンナは米国女子アイスホッケー代表として平昌五輪に出場する。

  五輪合同チームのエントリーは計35人(韓国23人、北朝鮮12人)だが、競技に出場できるゲームエントリーは22人にすぎない。南北と国際オリンピック委員会(IOC)が1試合に北朝鮮選手を3人以上起用することで合意し、この日ベンチには韓国選手18人と北朝鮮選手4人(攻撃手3人)が並んで座った。韓国選手5人はベンチに座ることができず、観客席から競技を眺めた。

  アイスホッケーはゲームエントリー22人のうち20人のフィールドプレーヤー(GK2人除く)が5人ずつ(FW3人、DF2人)1組となり、4組が交代で投入される。第1ラインと第2ラインは得点力がある主力ラインで、第3ラインと第4ラインは守備に重点を置き、出場時間が相対的に少ない。

  先月25日に合同チームが初めて構成される時、マリー監督(30、カナダ)は北朝鮮選手を第4ラインに起用するとみられた。北朝鮮は昨年、韓国に0-3で完敗した。

  しかしマリー監督はこの日、第2-4ラインにも北朝鮮選手を投入した。第3ラインには北朝鮮のFWヨ・ソンヒが含まれ、第4ラインには北朝鮮のFWキム・ウンヒャンとDFファン・チュングムがカナダから帰化したデネル・イムと組んだ。ただ第1ラインは韓国のエース、パク・ジョンアなど韓国選手で構成された。

<平昌五輪>南北合同チームの初試合は合格点…世界5位スウェーデンに善戦(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事