韓国を象徴する笑顔の「ヘチ像」、ハーグ国際司法裁判所ロビーに展示

韓国を象徴する笑顔の「ヘチ像」、ハーグ国際司法裁判所ロビーに展示

2014年06月09日17時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
国際司法裁判所(ICJ)に置かれることになったチェ・ジノ作家の「笑うヘチ-文化の花」。
  国際司法裁判所(ICJ)に、韓国を象徴する想像上の動物「ヘチ(ヘテ)」像が置かれる。外交部関係者は8日「1月からICJ芸術品寄贈事業を公募して、先週、ヘチ像を寄贈対象品として最終選定した」と明らかにした。該当作品はチェ・ジノ作家の「笑うヘチ-文化の花」だ。サイズは正面幅100センチ、側面幅50センチ、高さ180センチ程度だ。ヘチ像が置かれる場所は、オランダのハーグにあるICJの「平和宮」1階ロビーの入口。

  この事業は昨年、李秉錫(イ・ビョンソク)国会副議長がハーグのICJを訪問した際、平和宮に韓国の芸術品がないことに衝撃を受けて推進し始めた。

  「国際法の殿堂」に通じる平和宮は、カーネギー財団が寄贈した建物だ。フランス、ロシア、日本、中国など世界各国の芸術品が置かれている。特に独島(ドクト、日本名・竹島)の領有権を主張してICJ提訴を推進している日本は、6枚の大型タペストリー(西陣織)を平和宮に寄贈した。この作品が設置された2階の部屋は「日本の部屋(Japanese Room)」と呼ばれる。平和宮に特定国家の名前を取った部屋は「日本の部屋」が唯一だ。

  これに伴い、韓国政府は韓国の芸術品を寄贈するためカーネギー財団と協議を進めた結果、最も往来が多い1階ロビーの入口に韓国芸術品を展示することにした。

  ヘチは、正しいか正しくないかを判断する能力を持つ想像上の動物で、国際正義を守るICJの役割と符合するという点で高い評価を受けたという。外交部関係者は「歴史的に朝鮮時代の司憲府、大司憲の官員の服にもヘチを刺繍してきた」として「私たちの文化を紹介してICJと正義についての共感を形成するという象徴的意味がある」と話した。

  寄贈作は「平和と和合(Peace and Harmony)」というテーマで公募して、民官審査委員会の審査を経て選定した。「笑うヘチ」は今年中に平和宮に設置される予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事