韓国の対外援助増加率、世界2位…アジアに集中

韓国の対外援助増加率、世界2位…アジアに集中

2012年01月11日15時54分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の輸出入銀行は11日、2010年の政府開発援助(ODA)は純支出基準で11億7400万ドルと明らかにした。これは国民1人当たり2万7730ウォン(約1800円)で、前年に比べて5777ウォン増えた。

  開発途上国に援助資金・物資を直接支援する2国間援助は9億100万ドルで、前年度の5億8100万ドルより55%増えた。国際金融機構などを通した多国援助は2億7300万ドルで、前年(2億3400万ドル)に比べて16.3%増えた。

  2国間援助の地域別比率はアジアが65.2%で最も多く、 アフリカ(15.5%)、中南米(7.2%)などが後に続いた。

  分野別には教育、保健、水資源、衛生など社会インフラ(9億600万ドル)、交通、エネルギー、通信など経済インフラ(6億1000万ドル)支援が2国間援助の83.8%を占めた。

  経済協力開発機構(OECD)開発援助委員会(DAC)の調査を見ると、2010年の韓国のODAは増加率がDAC23カ国のうち2位だった。 国民総所得(GNI)に占める比率は前年比0.02ポイント上昇した0.12%。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事