<大リーグ>柳賢振、防御率1.72でメジャー2位

<大リーグ>柳賢振、防御率1.72でメジャー2位

2019年05月13日09時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
柳賢振
  柳賢振(リュ・ヒョンジン、32、LAドジャース)が3試合連続で8イニング以上を投げ、防御率を1.72まで低めた。投球を終えた時点で柳賢振の防御率はメジャー30球団の全投手を合わせて2位となった。

  柳賢振は13日(日本時間)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われたワシントン・ナショナルズ戦に先発し、8イニングを1安打9奪三振1四球で無失点に抑えた。ドジャースが6-0で勝利し、柳賢振は今季5勝目(1敗)をマークした。

  何よりも防御率が2.03から1.72に落ちた点が目を引く。現在メジャーリーグの防御率1位はミルウォーキーの右腕ザック・デービス(1.54)。

  柳賢振は2日のサンフランシスコ戦で8イニング1失点、8日のアトランタ戦で9イニング無失点の完封勝利に続き、この日のワシントン戦で8イニング無失点をマークした。最近の3試合ですべて8イニング以上を投げた。その間、25イニングを2失点に抑え、防御率は1点台に下がった。

  先月、左太ももの痛みでローテーションを一度抜けたが、柳賢振は「イニングイーター」の姿を見せている。柳賢振はこの日、8回一死までノーヒットノーランだった。このためロバート監督は交代のタイミングをつかめなかった。柳賢振の105球目を打ち返したヘラルド・パーラが二塁打となり、大記録は消えた。

  しかし柳賢振は最後まで集中力を切らさず8回まで無失点に終えた。この日の投球数116球は2013年のメジャーデビュー後の最多となった。2-0でリードを守っていたドジャースは8回裏、コーリー・シーガーが満塁弾を放って柳賢振の負担を軽くした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事