南北運命の一週間…ペンス氏・金永南氏の接触に最大関心(2)

南北運命の一週間…ペンス氏・金永南氏の接触に最大関心(2)

2018年02月05日11時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  何より北朝鮮が8日に強硬するという建軍節閲兵式が最大の雷管だ。北朝鮮労働新聞は3日「労働党創党日(10月10日)以前にある(韓国)国軍の日(10月1日)の行事を中断するように求めれば、そのようなことができるか」として閲兵式進行を再び明言した。労働新聞はまた「2月8日に建軍節記念行事をすることがそれほど仰天することなら、そもそも五輪の開催日を他の日に決めた方が良かったが、今になって口出しするのか」と主張した。北朝鮮がこの日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)など米国を狙った戦略武器を多く登場させ、対米「強対強」戦略を誇示する場合、ドナルド・トランプ米政府の「怒り」を誘発するものと見られる。米国はすでに「閲兵式を開催するな」という公開メッセージを発表した。北朝鮮に対する事前警告だ。北朝鮮がこれを無視すれば、米国への挑戦に見なされるほかはない。

  8日、青瓦台では韓米が北朝鮮をめぐって意見を交わす。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が訪韓するペンス副大統領に面会して晩餐会を行う。文大統領は2日、トランプ大統領との電話会談で五輪を契機にした米朝対話の可能性を打診した。文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官は「北朝鮮が抑留中である米国人釈放カードを切ると、ペンス副大統領が対話に出るだろう」という具体的なアイデアも出した。しかし、現在まで米国はこれに対して消極的だ。そこで8日の晩餐で文大統領とペンス副大統領がやりとりする対話が五輪期間に米朝が遭遇するかどうかを予測できる場面の一つだ。

  文大統領は9日、平昌五輪開会式に先立ち、各国の首脳級を相手にレセプションを主催する。ペンス副大統領と北朝鮮代表団長が同席するかもしれない。しかし、外交消息筋は「米国側はペンス副大統領が北朝鮮人と1カ所にいられる状況に対してかなり負担を感じているようだ」とし「訪韓する米側要人が予測できないことは経験したくないという要請があったという」と伝えた。政府は米側の意思に反して北朝鮮代表団要人と対面する場面が発生しないように儀式に慎重を期するという計画だ。

  運命の一週間のもう一つのポイントは文大統領と北朝鮮代表団が遭遇するかどうかだ。青瓦台関係者がこの日「(北朝鮮代表団の)級が高いほど良い」と明らかにしたのは北朝鮮代表団の級によって文大統領が常に可能性を開けておいたと分析できる。南北関係専門家である又石(ウソク)大学の全賢俊(チョン・ヒョンジュン)兼任教授は「金永南常任委員長が金正恩委員長の『考え』を伝える可能性もあるため、南北首脳間で迂回的に立場をやりとりする形になり得る」と分析した。ただ、五輪期間に米朝遭遇は実現しないまま文大統領が金永南氏に会う場合、出会いの意味が半減される可能性もあるというのが政府の悩みだ。

南北運命の一週間…ペンス氏・金永南氏の接触に最大関心(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事