対北朝鮮原油中断の結論を出せなかった米中首脳「北京談判」

対北朝鮮原油中断の結論を出せなかった米中首脳「北京談判」

2017年11月10日07時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米中両国が葛藤と対立の代わりに協力と実利を選択した。しかし北核解決法に進展はなかった。

  米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席は9日、北京で首脳会談を行い、大規模な経済協力の締結で貿易不均衡問題の衝突を避けた。北朝鮮の核問題では断固たる非核化の意志を再確認しながら協力を強化することにしたが、従来の立場から進展した解決法は引き出せなかった。

  トランプ大統領は中国の役割が重大だという普段の持論を展開した。取材陣の前で「我々(米中)が共に手を握れば北朝鮮の解放と自由を実現できる」とし「みなさんの主席(習近平主席)が努力すれば、この問題は解決する可能性がある」と述べたりもした。北朝鮮に向かう原油パイプラインの閉鎖が米国の要求だ。

  習主席は原油供給中断の意思は明らかにせず「できることはすべてしている」と述べた。実際、トランプ大統領の訪中を控え、中国は朝中「密貿易」を一斉に取り締まり、北朝鮮を訪問する観光商品の販売も中断させた。特に北朝鮮の追加の挑発を防ぐという点では両首脳の意見一致が感知される。

  ところがトランプ大統領が望む貿易中断など「安全保障理事会決議プラスアルファ」に対し、習主席は確答を出さなかった。北朝鮮の首を絞める独自制裁には依然として慎重な立場だ。北核問題を最優先とするトランプ大統領とは違い、習主席は記者会見の最後に北核問題に言及した。そして米中の協力と疎通を強調した。北核問題は中国独自の力で解決するものではないという認識を表したのだ。非核化という総論では一致したが、各論では隔たりを見せたということだ。

  習主席は「対話と談判を通じて韓半島(朝鮮半島)核問題を解決する」という言葉も忘れなかった。北朝鮮の核実験と韓米連合訓練の「同時中断」など従来の立場を再確認すると同時に、トランプ大統領の軍事的オプションを牽制する意味が込められた発言だ。

  トランプ大統領もワシントンやソウル・東京とは違い、北京では強硬発言を自制した。外交的解決法を強調した習主席に対する配慮と考えられる。

  習主席の「トランプ管理」は破格的だった。「皇帝儀典」のほか、米国に2535億ドル(29兆円)の購買・投資を約束した。低調な支持率と地方選挙惨敗で米国内で窮地に追い込まれたトランプ大統領が誇れる大きな贈り物を渡したのだ。トランプ大統領が北核解決法と貿易不均衡問題で満足な結果を得ることができなかったにもかかわらず「中国を非難しない」と述べたのは、これに対する前向きな回答だった。

  トランプ大統領の発言が出ると、記者会見場では拍手が起こった。21世紀最高の競争関係でありながらも協力せざるを得ない米中関係に対する期待がその拍手に込められていた。トランプ大統領と習近平主席はお互い体面を保ちながらそれぞれの実利を手にした。こうした中で北核解決法の最終の絵は未完のまま残った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事