韓経:【取材手帳】韓国バッテリー業界、中国の意地悪を乗り越えなければ

韓経:【取材手帳】韓国バッテリー業界、中国の意地悪を乗り越えなければ

2016年06月22日11時13分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  LG化学・サムスンSDIなどが20日、中国政府の電気自動車バッテリーの第4次認証から脱落した。昨年11月から4回にわたり中国企業56社が規範条件認証を受けたが、GM・BMW・ベンツなどにバッテリーを納品中の企業などが落ちた。昨年10月に中国工場を完工して本格事業に進出しようとしていたこれらの企業にとっては大きな危機が迫った。

  今年1月にこれらの主力品である三元系バッテリーが電気バスの補助金対象から除外された問題もまだ解決されていない。2014年に「バッテリー崛起」を宣言した中国政府は、乱立する自国業界を整理して競争力を高める一方でLGやサムスンを規制して自国企業が大きくなる時間を稼ごうとする下心だろう。規制で自国企業が成長する時間を稼ぐための中国の常連手段だ。グーグルが2010年「インターネットの検閲規制を受け入れなかった」という理由で中国から退出した後、バイドゥ・ヨウク(Youku)など中国企業が成長したのが代表的だ。

  外国企業にとって、このような中国政府との戦いは骨を折るばかりだ。昨年、中国の独占禁止法にひっかかり10億ドルを超える課徴金を飲んで特許料を引き下げなければならなかったクアルコムがそうだし、2014年に贈収賄罪で役員が相次ぎ逮捕され5億ドルの罰金を支払うはめになったグラクソ・スミスクライン、車を高く売ったという理由で4000万ドルの罰金を払ったアウディも同じだ。だがこれは人口13億人の巨大市場である中国を突破するために必ず経なければならない過程なのだ。

  アフリカで取材したエピソードが思い出される。アフリカ市場は、あらゆる規制と障壁で進入が難しいが一度突破すれば競争企業が入ってくることができず大きな利益を得ることができる。中国も同じだ。バッテリー産業も今回の認証で乱立した中国業界が整理されるだろう。規制を勝ち抜けば、より大きな機会に出会うことができる。

  LG化学・サムスンSDIは規範条件認証から完全に脱落したのではない。これらは近く書類を補完して再び申請するという。総力を結集して中国のガイドラインを乗り越えなければならない。韓国政府も、韓国企業が不公正な待遇を受けないよう支援しなければならない。バッテリー産業が、韓国企業と政府が一致協力して中国で成功を遂げた事例になれば良い。

  キム・ヒョンソク産業部記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事