<サッカー>旭日旗を連想…ブラジルW杯の日本ユニフォーム“不快”

<サッカー>旭日旗を連想…ブラジルW杯の日本ユニフォーム“不快”

2013年11月14日09時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
旭日旗の模様が入った日本サッカー代表チームのユニフォーム。
  アディダスジャパンは12日、日本サッカー代表チームのユニフォームを公開した。議論になった旭日旗形態のデザインが入っている。日本サッカー協会(JFA)のエンブレムと日章旗が配置された左側の胸を中心に11本の線が広がっていくデザインは「戦犯旗」を連想させる。旭日旗は、日本帝国主義の軍旗に使われたので戦犯旗とも呼ばれる。アディダス関係者は「胸の模様は代表チームをつくる11人の選手が力強く飛び出すイメージ」と説明した。日本代表チームはこのユニフォームを16日のベルギーとの親善試合から着る予定だ。

  大韓サッカー協会はこれに関連した公式論評は自制している。「ひとまず見守る」として、政治的論争になることを警戒して不快な表情を抑えている。サッカー協会は来年の後半期に韓日戦を韓国で行う予定だ。

  セヌリ党の孫仁春(ソン・インチュン)議員は今年9月、旭日旗をめぐって日本の帝国主義を象徴する徽章・服などを国内で製作したり流布したりする場合1年以下の懲役や300万ウォン以下の罰金に処するようにする刑法改正案を発議した。孫議員側の関係者は「早ければ来年2~4月に法案が通過される可能性がある」として「法案が通過されれば(今回製作された)日本のユニフォームも取り締まり対象になるだろう」と説明した。

  問題は国際舞台だ。日本はこのユニフォームを着て来年のブラジルワールドカップ(W杯)に出場する。朴種佑(パク・ジョンウ、24、釜山)は昨年、ロンドンオリンピックの韓日戦が終わった後に「独島(ドクト、日本名・竹島)は私たちの領土」という応援文を持ってセレモニーをしてAマッチ2試合の出場停止処分を受けた。これに対し韓国内ファンの間では、戦犯旗論争を呼んでいるユニフォームを着たら同じように処罰すべきだという主張も出てきている。「競技場で政治的な意思表現は禁止される」という国際サッカー連盟(FIFA)規定57条がその根拠だ。旭日旗は日本の帝国主義を象徴する標識なので、政治的な象徴だという論理だ。

  だが、現実的には処罰は容易ではない。ナチスドイツの象徴物として広く知られたハーケンクロイツ(卍を裏返した形)とは違い、旭日旗については国際社会の認識水準が低いためだ。旭日旗を日帝侵略の象徴と認識する国は韓国や中国ぐらいだ。韓国スポーツエンターテインメント法学会会長であるチャン・ジェオク中央(チュンアン)大法学大学院教授は「国際舞台で戦犯旗を形象化したユニフォームを着たと処罰するのは、現実的に不可能だ。防ごうと思うならば体系的かつ持続的にアプローチしなければならない。日本から被害を受けた周辺国の共感を得ることが先決だ」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事