人気の韓国ドラマ、親日美化などで歴史わい曲問題(1)

人気の韓国ドラマ、親日美化などで歴史わい曲問題(1)

2018年07月17日15時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
tvNドラマ『ミスター・サンシャイン』に登場する日本の浪人「ク・ドンメ」(ユ・ヨンソク扮)。朝鮮白丁の息子だったが、日本に渡り日本人になった。(写真提供=tvN)
  脚本家のキム・ウンスクによるtvNの話題作『ミスター・サンシャイン』に歴史わい曲問題が浮上した。16日午後、これに関連して投稿された青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民請願には、夜中にもかかわらず7000人以上が賛同した。

  『ミスター・サンシャイン』は激変期にあった1900年前後の朝鮮を背景にしている。幼くして止むを得ず米国にいくことになった「黒い頭の外国人」ユジン・チョイ(イ・ビョンホン扮)が米国軍人の身分で、米国の軍隊とともに韓国にやってきたことから始まるストーリーを描いている。

  少なくない者がこのドラマに対して歴史わい曲疑惑を提起している理由は、大きく分けて▼朝鮮に背を向けた者を合理化しながらも▼朝鮮侵奪の主体だった日本の略奪に対しては過度に断片的に扱っていて▼当時の朝鮮の文化を一方的に未開と表現している--ということなどだ。

  16日、青瓦台国民請願ホームページに「ドラマ『ミスター・サンシャイン』のような歴史わい曲ドラマ/映画に対して強力に措置を講じてください」という請願を投稿したネットユーザーは「映画やドラマはその国の情緒と文化が溶け込んでいる重要なメディアの一つ」として『ミスター・サンシャイン』を批判した。投稿者は「『ミスター・サンシャイン』は明らかに歴史をわい曲している」とし「明らかな被害者が存在する歴史的事実で、加害立場にあるキャラクターに『それしか方法がなかった』というような背景の挿入は非常に危険な行為」と主張した。「それは問題意識を徐々に曇らせて、結局は歴史そのものの重さを軽くするためで、それがすなわち植民史観であり文化統治」だという理由からだ。

  また、投稿者は「『ミスター・サンシャイン』は被害国(朝鮮)と加害国(日本)の立場が妙に入れ替わっている。ドラマで演出された悪役はほとんど朝鮮人で、陶磁器職人の弟子が韓国人ではなく日本人として登場し、朝鮮の文化が『未開』だという演出が続いていくものとみられる」とし「『朝鮮』は被害国でなく、それ自招したものとして描写されている」と指摘した。

  『ミスター・サンシャイン』には親日派の李完用(イ・ワンヨン)の名前を参考にしたとみられる親日派キャラクターのイ・ワンイク(キム・ウィソン扮)が登場する。ドラマの公式サイトの説明によれば、咸鏡道(ハムギョンド)の貧しい小作農の五男だったイ・ワンイクの兄弟姉妹の相当数は飢え死にする。地主ににらまれ、小作として耕していた土地まで奪われた後、イ・ワンイクは米国宣教師を頼ることになって日本に渡り、結局は朝鮮の危機を自分の栄達のための手段にしようとする人物として描かれる。米国人になったユジン・チョイは奴婢の息子で、幼少期に両親が両班(ヤンバン)権力者の横暴で命を失う過程で命からがら逃げたあと、米国に渡って軍人になった人物だ。その後、朝鮮に渡ってきて朝鮮に米国軍隊が駐留できるように率先して動く。日本暴力団のク・ドンメ(ユ・ヨンソク扮)も朝鮮の白丁(ペクチョン、被差別民)の息子だったが、いつも鞭打ちを受けて搾取にあい、日本の手先になった人物として描かれる。

人気の韓国ドラマ、親日美化などで歴史わい曲問題(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事