サムスン電子、光州にロボットが金型製作するスマート工場(1)

サムスン電子、光州にロボットが金型製作するスマート工場(1)

2017年04月20日10時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
サムスン電子精密金型開発センターでは8台の大型ロボットが家電製品デザイン製作を担当する。2020年にはすべての工程を自動化する予定だ。(写真=サムスン電子)
  1分に200回往復する高速プレスロボットがエアコン前面部の鉄製パネルに穴をあける。1.2ミリメートルという砂粒ほどの大きさのマイクロホール13万5000個をあけるのにかかった時間は1分ほど。マイクロホールは冷たい風が直接排出されるのを防ぎ冷蔵庫から冷気が出てくるように涼しい空気だけ通過させる。サムスン電子の無風エアコンの核心技術に挙げられる。

  人の助けなしでロボットが製作するスマート工場が韓国の家電工場にも導入されている。18日にサムスン電子が初めて公開した光州(クァンジュ)工場内の精密金型開発センターが代表的だ。センター内に入っても2万2000平方メートル規模の作業場の中で働く人を見つけるのは難しかった。代わりに8台の大型金型製作ロボットが作業を担当していた。サムスン電子のチェ・ソンウク主席は「精密金型センターで働く社員は30人ほど。2020年にはすべての工程を無人自動化システムにするだろう」と強調した。

  精密金型開発センターはサムスン家電の外観をデザインする所だ。サムスンがロボットを利用し鋳型に当たる金型を作れば数百社に達する協力会社がこの金型を利用して製品組み立て用部品を大量生産する。現在センターは冷蔵庫と洗濯機、空気清浄器、無風エアコンなど中大型家電製品の金型を製作している。

  ロボットが製作を担当したことで単純な金型製作だけでなく細かいデザインまで実現できるようになった。サムスン電子の高級型冷蔵庫「ジッペルT-9000」の扉には髪の毛の細さの20分の1の大きさの微細な穴1800個があけられている。これは機械によるプレス金型技術では作れないためレーザーを利用する。肉眼では見えないこの穴にボタンを押してバックライトをつけると冷蔵庫の扉の上にほのかな薄緑色の字が表示された。液晶を付けず高級なメタル感を生かしながら冷蔵室・冷凍室の温度のような情報を表示できるようにしたのだ。

  特に最近プレミアム家電製品需要が増え精密金型開発センターが直接製品を製作することも増加している。鋳型を作って大量に作った製品ではないため「彫刻家が直接心を込めて作った芸術品」に例えられる。サムスン電子のプレミアムキッチン家電「シェフコレクション」やQLEDテレビなど高価格製品の外形がこのような方式で製作される。

サムスン電子、光州にロボットが金型製作するスマート工場(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事