北朝鮮、韓国の水害支援受け入れ姿勢も…「物品・数量を知らせてほしい」要求

北朝鮮、韓国の水害支援受け入れ姿勢も…「物品・数量を知らせてほしい」要求

2012年09月11日09時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が韓国政府の水害支援を受け入れる姿勢を見せている。

  韓国統一部当局者は10日、「北朝鮮が板門店(パンムンジョム)赤十字チャンネルを通じて、韓国側に『対北朝鮮支援物品と数量を知らせてほしい』という回答を送ってきた」とし「具体的な事項は今後、南北間の文書交換方式などで協議する」と明らかにした。

  韓国政府は北朝鮮の意思を確認した後、支援品目を最終決定する予定だ。北朝鮮側の受け入れ意思表明は、韓国が3日に非公開で対北朝鮮支援を提案して以来1週間ぶり。韓北は昨年、北朝鮮に水害が発生した当時、対北朝鮮支援問題を協議したが、支援品目をめぐる隔たりのため不発に終わった。。

  当時、北朝鮮側は「コメとセメントを大規模に支援してほしい」と要求したが、韓国政府は軍事用に転用する可能性があるとして難色を示した。その代わり幼児用の栄養食、ラーメン、チョコパイなど50億ウォン(約3億5000万円)規模の物品を提案したが、北朝鮮は拒否した。

  北朝鮮は「昨年のようなことがあってはならない」とし、今年は自分たちの要求通りに品目を決めるという方針を伝えてきたという。

  8、9日に北京で開かれたアジア・太平洋地域赤十字会議に出席した兪重根(ユ・ジュングン)大韓赤十字社総裁は「北朝鮮が22万人の被災者が発生したと水害状況を説明した」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事