部品すべて交換したというが…古里原発の非常発電機は33年前の製品(1)

部品すべて交換したというが…古里原発の非常発電機は33年前の製品(1)

2011年04月19日10時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
18日釜山市機張郡の古里原発1号機で取材陣と釜山市庁関係者らが非常発電所のディーゼル発電機を視察している。
  



  18日午前、釜山市機張郡長安邑(プサンシ・キジャングン・チャンアンウプ)の古里(コリ)原子力発電所1号機第1非常発電所。12日から稼動が停止している古里原発1号機内部に初めて外部の人が入った。古里原発と近い釜山市民らの不安感が高まると、許南植(ホ・ナムシク)釜山市長と釜山市庁関係者らが現場を確認するため同原発を訪れた。第1非常発電所は古里原発1号機の主電源に異常が生じた場合に電力を供給する予備発電所だ。12日から稼動が停止している古里原発1号機の故障原因となった遮断機もこの発電所の中にある。

  雰囲気は緊張していた。第1非常発電所の中のディーゼル発電機は1978年に古里原発1号機竣工時に設置された英GECの製品そのままということが確認されたためだった。「部品をすべて交換し延長稼動が可能だ」という古里原発側の説明とは違った。ムン・ビョンウィ古里原発第1発電所長は、「33年になるが規制機関の立ち会いの下、毎月1回ずつ定期的に点検しており何の問題もない」と話した。

  許市長は、「国民が不安に思う時期に古里原発1号機が停止した。心配しないよう完璧な安全対策が用意されなければならない」と話した。これに対して古里原発のチョン・ヨンイク本部長は、「古里1号機の発電に必要な各種ポンプに電源を供給する第1遮断器内部の連結端子を固定するスプリングの張力が緩くなり接触抵抗が起こって焦げついたのが原因」と説明した。また、「故障した部品を交換し、性能テストと安全検査まで終え稼動に向けた準備は完了した」としている。

部品すべて交換したというが…古里原発の非常発電機は33年前の製品(2)

【ホットクリック】

・NASAも米国務省も「東海」から「日本海」表記へ
・中国高官、金正恩を4回にわたり招請
・部品すべて交換したというが…古里原発の非常発電機は33年前の製品
・キム・テヒにこんな姿が…強烈シャワー写真が話題
・アップル「特許権侵害」 三星電子「断固対応」
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事