日本のノーベル賞受賞者らが予算削減に反発

日本のノーベル賞受賞者らが予算削減に反発

2009年11月27日08時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本のノーベル賞受賞者らが政府の科学技術予算削減に反発している。昨年ノーベル物理学賞を受賞した小林誠筑波大学高エネルギー加速器研究所名誉教授ら歴代ノーベル賞受賞者4人は25日に東京大学で記者会見を開き、抗議の声明を発表した。声明は「知の蓄積が中断されれば人材が枯渇する。これは科学技術創造立国と政策に逆行するもの」と主張した。

  日本政府は次世代スーパーコンピューター、幹細胞研究など科学技術開発関連の来年度予算を今年より0.8%少ない1兆3667億円に策定、27年ぶりに関連分野の予算を減額した。しかしこれすらも再検討を通じて大幅に削減する動きを見せている。

  1987年のノーベル生理学・医学賞を受賞した利根川進氏は、「米国のオバマ大統領はいくら経済が厳しくても科学技術に対する投資を続け人材を育成すると明らかにしたが、鳩山政権は逆行している」と声を高めた。

【ホットクリック】

・ 東方神起のジェジュン、日本人タレントあびる優と熱愛説
・ 佐藤繊維「うちの糸でミッシェル夫人のカーディガンを編みました」
・ 釜山室内射撃場火災の日本人負傷者が死亡…死者14人に
・ 【社説】鉄道労組のスト、法と原則に基づく処理を
・ コ・ヒョンジョン「チェ・ジウ、善良すぎて演技に支障」
・ <野球>金泰均・李机浩、日本で特級待遇
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事