北ミサイルエンジン実験場破壊、米国優先主義と通じた

北ミサイルエンジン実験場破壊、米国優先主義と通じた

2018年06月14日13時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が12日のトランプ米大統領との首脳会談で「破壊する」と明らかにしたというミサイルエンジン実験場は北朝鮮の戦略武器施設のひとつだ。トランプ大統領は首脳会談後の記者会見で「金委員長に直接聞いた」として「われわれ(米国)はそれがどこなのか知っている」と述べた。だが具体的な場所と内容は明らかにしなかった。

  専門家らは金委員長が言及したというミサイルエンジン実験場を平安北道鉄山郡東倉里(ピョンアンブクド・チョルサングン・トンチャンリ)にある長距離ミサイル発射場(北朝鮮では西海衛星発射場)の一部とみている。最も新しく設置された大規模施設だからだ。北朝鮮は昨年3月18日にここでミサイルエンジン燃焼実験に成功し、これを見守った金委員長は開発者を現場で背負ったりもした。北朝鮮は米国を打撃できるという新型長距離ミサイル(火星-15型)にここで実験した白頭山(ペクトゥサン)エンジンを装備している。

  金委員長は執権後に核弾頭とミサイル開発に全力を挙げ軍事的能力を強化してきた。4回実施した核実験は咸鏡北道吉州郡豊渓里(ハムギョンブクド・キルジュグン・プンゲリ)の核実験場(北朝鮮では北部核試験場)で実施した。北朝鮮が東側(豊渓里)では核実験場を、西側(東倉里)ではミサイル試験場を運営したのだ。

  したがって先月24日の核実験場爆破に続きミサイルエンジン実験場を破壊するということは非核化の意志を誇示しようとする「行動」と解説される。米国直接攻撃に迫る能力を備えた北朝鮮が今後の状況によっては大陸間弾道ミサイル(ICBM)エンジンをこれ以上開発しないだろうという期待感を米国に与えることができる。

  核ミサイルはミサイルに核弾頭を載せ恐るべき爆発力を備えた武器だ。運搬体(ミサイル)、起爆装置、核物質の核兵器3要素がすべて備わってこそ完全体となる。北朝鮮は昨年11月29日に発射に成功した火星-15型ミサイルで米国本土攻撃が可能なものと推定される。当時発射角度を高める方式で高度4475キロメートル、距離950キロメートルを飛ばした。科学技術政策研究院のイ・チュングン選任研究委員は「正常角度で発射すれば1万キロメートルをはるかに超えるだろう。米国東部まで飛べる能力」と話した。ただ大気圏再突入技術や精度は証明されていない。それでも米国内では北朝鮮脅威論がすでに広がっている状態だ。また、ミサイルエンジンをさらに改良すれば核弾頭だけでなく在来式弾頭を載せて米国を攻撃できる。遠くない未来の脅威である格好だ。したがってこの実験場を破棄するということはトランプ大統領に相当な魅力として作用しただろうとの見方が出ている。

  これに対し北朝鮮がすでに開発を終わらせており使い道のない施設を破壊するのではないかとの声もある。また、核実験場やエンジン実験場破壊はすでに作られた核兵器の解体とは関係がない。このため北朝鮮のミサイルエンジン実験場解体は非核化の第一歩だが、これで安心してはならず、その後の核廃棄手続きへと必ず続かせなければならないという指摘が相次いでいる。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事