青瓦台「結果は失望するものでない」…金正恩氏、特使団と4時間12分面会

青瓦台「結果は失望するものでない」…金正恩氏、特使団と4時間12分面会

2018年03月06日13時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
訪朝中の鄭義溶(チョン・ウィヨン)首席対北朝鮮特使が5日、平壌(ピョンヤン)で金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長に会った。金委員長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を持っている。右側は金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委第1副部長。(写真=青瓦台)
  青瓦台(チョンワデ、大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長を首席とする対北朝鮮特別使節団が5日、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長と労働党本館で4時間12分ほど面会し、夕食を共にしたと、青瓦台が6日明らかにした。

  金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はこの日、ブリーフィングで「面会と晩餐の時間は午後6時から10時12分までの計4時間12分」とし「韓国側の人が朝鮮労働党本館を訪問したのは今回が初めて」と述べた。情報当局は労働党本館に金正恩委員長の執務室があると把握している。

  面会には鄭室長をはじめ、徐薫(ソ・フン)国家情報院長、千海成(チョン・ヘソン)統一部次官、金相均(キム・サンギュン)国家情報院第2次長、尹建永(ユン・ゴンヨン)青瓦台国政状況室長が出席した。北側からは金正恩委員長をはじめ、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長(統一戦線部長)、金与正(キム・ヨジョン)第1副部長が出席した。続く夕食会には金正恩委員長の李雪主(イ・ソルジュ)夫人、李善権(イ・ソングォン)祖国平和統一委員長、メン・ギョンイル統一戦線部副部長、キム・チャンソン書記室長が追加で出席したと、金報道官は伝えた。

  面会と夕食会はともに労働党本館のチンダルレ(ツツジ)館で行われたという。金報道官は「特使団は今日、後続会談を行った後、午後にソウルに戻る予定」と明らかにした。

  以下は青瓦台関係者との一問一答。

  --北朝鮮朝鮮中央通信は6日、「金正恩委員長が満足のいく合意を得た」と報道したが。

  「それを合意だと表現するのか何というかは分からないが、結果があり、失望するものではないと聞いている。内容はおそらく(特使団が)帰ってきて発表するだろう」

  --一定レベルの合意があったと理解してもかまわないのか。

  「そのようだ」

  --どの分野の合意なのか。非核化関連か。

  「分からない。(特使団が)戻ってきて確認しなければいけない」

  --朝鮮中央通信の報道に「首脳相逢」という表現がある。南北首脳会談について話があったようだ。

  「おそらくそれに関連する内容も含まれているとみられる」

  --きょうの特使団の日程を説明してほしい。

  「予定通りなら夕方には帰ってくることになっている」

  --特使団は南北接触の結果をブリーフィングするのか。

  「平壌(ピョンヤン)を予定通りに出発すれば鄭義溶室長がブリーフィングをする」

  --特使団は今日、後続の実務者会談を金英哲氏と進めるか。

  「そのように考えられる。金英哲統一戦線部長が昨日ずっと同席したため、後続会談はおそらく金英哲統一戦線部長と行われるのではないかと思う」

  --昨日、夕食会が長くなった理由は何かと思うか。

  「する話が多かったのかもしれない。いろいろと多くの話を十分にしたと聞いた」

  --金正恩委員長の発言を紹介することができるか。

  「(特使団が)帰ってきてこそ可能であるようだ」

  --昨日、北側と非核化の方法論について議論が行われたのは事実か。

  「3段階方法論ではない。(非核化方法論自体について議論をしたのは)そうだろう。はい」

  --米国には結果が報告されたのか。

  「きょう帰ってきて大統領に結果報告をし、皆さんにも伝え、あす5党代表に会って話をし、そして米国と日程調整をしてワシントンに行く」

  --ホワイトハウスでは今週末に鄭義溶室長と徐薫院長が訪米すると発表したが。

  「日程はまだ(確定したものが)ない」

  --大統領は昨日、結果報告をいつ受けたのか。

  「(午後)11時20分ごろすぐに受けた。大統領の反応は特別なものがなかった」

  --李雪主夫人が韓国側の人に公式的に会ったのは初めてか。

  「応援団として来た後では初めてのようだ」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 訪朝中の鄭義溶(チョン・ウィヨン)首席対北朝鮮特使が5日、平壌(ピョンヤン)で金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長に会った。金委員長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を持っている。右側は金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委第1副部長。(写真=青瓦台)
  • 訪朝中の鄭義溶(チョン・ウィヨン)首席対北朝鮮特使(右)、徐薫(ソ・フン)国家情報院長(左)など特使団が5日、平壌で開かれた夕食会で金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長および李雪主夫人と歓談している。(写真=青瓦台)