日本映画『いま、会いにゆきます』の韓国再公開が延期に…なぜ?

日本映画『いま、会いにゆきます』の韓国再公開が延期に…なぜ?

2018年02月05日10時02分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本映画『いま、会いにゆきます』の韓国語版ポスター
  日本映画『いま、会いにゆきます』の韓国再公開が延期になった。

  輸入会社NKコンテンツは今月2日、「2月8日に国内再公開が予定されていた映画『いま、会いにゆきます』の公開日が変更になったことをお知らせします」と公式立場を明らかにした。

  映画『いま、会いにゆきます』は、1年後の雨の降る季節に戻ってくるという約束を残して亡くなった最愛の妻・澪が、すべての記憶をなくしたまま巧と息子・佑司の前に現れる、奇蹟のような瞬間を描いたロマンスだ。

  2005年3月25日に公開された本作は、13年ぶりに韓国で再公開されることがアナウンスされ、ファンの期待が高まっていた。

  これに関連してNKコンテンツ側は「『いま、会いにゆきます』が良質の上映環境と条件の中で再公開し、多くの人々が観覧できるように努力していたが、このほどやむを得ず再公開を延期することになった」とし「再公開の便りに一緒に喜んで下さった方々と、長い間、再公開を待って下さっていた方々にお詫びと感謝の言葉を伝える」と付け加えた。

  今のところ、同作の再公開日は未定となっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事