【社説】暴言より恐ろしい韓国政府の安易な安保認識

【社説】暴言より恐ろしい韓国政府の安易な安保認識

2017年08月11日15時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮と米国が宣戦布告に近い高強度の「暴言」をやりとりしているが、それよりも不安なのは「対岸の火事」のような韓国政府の態度だ。北朝鮮は「グアム挑発」を予告してから一日で中長距離弾道ミサイル(IRBM)である「火星-12型」4基を発射してグアム周辺30~40キロメートル水域の包囲射撃を検討しているという具体的アクションプランまで出した。それでも青瓦台(チョンワデ、大統領府)側は「北朝鮮内部結束用」としながら韓半島危機説を一蹴している。

  だが、北朝鮮の今回の声名は金洛兼(キム・ラクギョム)朝鮮人民軍戦略軍司令官の名義で直接発表したうえに「歴史的なグアム島周辺射撃を人民に公開する案も検討中」とまで明らかにしており、かつての日常的な脅威とは違いがあるというのが専門家たちの判断だ。それでも政府の安保認識があまりにも安易だという指摘が出ると、チョン・ウイヨン国家安保室長の主宰で昨日午後国家安保会議常任委員会(NSC)を開いた。だが、緊張を高める行為の中断を北朝鮮に呼びかけただけで、前日の対応と大きく変わらなかった。

  現情勢が過去の韓半島危機と異なる点は一つや二つではない。まず、北朝鮮の核弾頭小型化と大陸間弾道ミサイル(ICBM)技術が事実上、完成段階に達したというのが定説として受け入れられている。また、金正恩労働党委員長とトランプ米国大統領が予測不可能でかつ即興的な面があり、両側の「チキンゲーム」がややもすると現実になる可能性がいつにもままして高いという点だ。アントニオ・グテーレス国連事務総長が米朝間対決的発言に「当惑する(troubled)」と極度の懸念を表明するほどだ。

  何より大きな危機は米朝間緊張が一触即発に走っている中で、韓国は対策もないまま手をこまねいているという点だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6月、米メディアとのインタビューで「北朝鮮の核・ミサイルは嘘」と話した。そうするうちに7月末、北朝鮮がICBM級「火星-14型」を発射すると、星州(ソンジュ)に配備しようとしたが中断されたTHAAD(高高度ミサイル防衛)の残った発射台4基の追加配備を文大統領が指示したが、依然として先延ばしされている。

  文大統領が支持勢力を意識して安保問題に言葉と行動が違う態度を見せてもかまわないほど、韓半島をめうぐる安保現実には余裕がない。北朝鮮の核・ミサイルの年内実戦配備が可能だと見ている専門家が多い。このように北核が北東アジアの安保地形を変えるゲームチェンジャーになる場合、米朝・米中の間のビッグディールで韓国の肩身は狭くなる。

  行動で決然とした意志を見せるべきだ。北朝鮮の核能力を否定するのではなく、北核がどれほど威嚇的水準なのかを国民に伝え、最善の対応策を多角的に講じるべきだ。「コリアパッシング」という韓国語式の英語表現が既成事実化し国語辞典にまで入る前に、北核に対抗することができる様々なカードを準備しなければならない。弾頭の重量拡大に向けた韓米ミサイル指針の改正と原子力潜水艦の導入は、そのようなカードのごく一部に過ぎないものにしなければならない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事