釜山少女像に日本人3人の謝罪の手紙

釜山少女像に日本人3人の謝罪の手紙

2017年02月01日07時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
写真=日本人が釜山東区の日本領事館前の少女像に置いて行った謝罪の手紙。(写真=釜山ギョレハナ)
  釜山市東区の日本領事館前に昨年末に設置された「平和の少女像」に日本人が花束と謝罪の手紙を置いていった。

  釜山の市民団体「釜山ギョレハナ」によると、旧正月の先月28日、日本領事館前の平和の少女像に一通の手紙があった。手紙の表には「山本真也・明子」「笹倉千佳弘」という名前が見えた。日本人3人の名前と推定される。手紙の横には黄色のフリージアの花束が置かれていた。手紙にはハングルと日本語で「一人の人間として、哀悼の意を表します。一人の日本人として、謝罪します。誠に、申し訳ありません」と書かれていた。

  この手紙は、少女像設置で韓日間の外交葛藤が深まり日本現地でも関連の報道が続いた後の先月28日、日本人観光客が置いて行ったと推定される。その間、少女像を訪れて写真撮影をする日本人は時々いたが、謝罪の手紙を置いて行ったのは初めて。

  この手紙は現在、少女像を管理する「釜山ギョレハナ」が保管中だ。釜山ギョレハナは最近、訪問客が少女像に置いて行く物品が増えたことで毎日、整理整頓している。

  ユン・ヨンジョ釜山ギョレハナ政策局長は「少女像を訪問する日本人は多かったが、このように公開的に謝罪の意を表現したのは初めて」とし「歴史を歪曲する日本政府とは違い、日本の過ちを謝罪する日本人がいて有難く思う。こうした状況で日本人が謝罪するということ自体が意味深い」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事