火星15、米国はICBMだというが…韓国政府は「未完成」

火星15、米国はICBMだというが…韓国政府は「未完成」

2017年12月07日13時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領に続き、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官も火星15に対して「完成されていない」という趣旨の発言をしたことに対して専門家たちは「脅威ではないから安心しても良いというアプローチ」と批判した。

  康長官は5日(現地時間)、CNNとのインタビューで北朝鮮が先月29日発射した火星15に関して「北朝鮮はミサイルの大気圏再進入と遠隔終末誘導、核弾頭の小型化技術などを見せることができなかった」とし「北朝鮮が核弾頭を大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載して運搬できる技術を完全に体得したと見られるような具体的証拠がない」と話した。また「北朝鮮が我々が予想していたことよりはるかに速い速度で(核・ミサイル)プログラムを開発しているが、最後の完成段階(final completion stage)にはまだ早くなかった」ともした。

  文大統領も先月30日、ドナルド・トランプ米大統領との電話会談で「再進入と終末段階誘導分野での技術はまだ立証されておらず、核弾頭の小型化技術を確保したかどうかも不明だ」と話した。これは米国の立場とも大きい差がある。米国は7月、北朝鮮が発射した火星14と火星15をいずれもICBMと規定している。だが、政府は「ICBM級」だと呼んでいる。

  技術的に文大統領と康長官の発言が完全に間違ったわけではない。ICBM完成を判断する4大基準は▼射程距離▼段分離▼再進入技術▼終末誘導技術だ。北朝鮮はただ分離と大陸間射程距離はすでに達成したが、再進入技術、誘導技術を確保したのかは不明だ。

  だが、火星15に対する韓米の分析がまだ終わっていないのに政府が公式に北朝鮮のICBM技術水準に対して完成でないと繰り返して言い切るのは適切でないという指摘が出ている。北朝鮮の核・ミサイル能力が速い速度で高度化する中で脅威を縮小するように見える可能性があるからだ。米国では中央情報局(CIA)が「北朝鮮のICBM開発を中断させる時間が3カ月しか残っていない」と判断したという報道も出ている。

  これを受け、政府が自ら引いた「レッドライン」に足を引っ張られているためだという分析も出ている。文大統領は8月「北朝鮮がICBMを完成し、そこに核弾頭を搭載して武器化することがレッドライン」と定めた。北朝鮮のICBM完成を認めればレッドラインを越えたことになり、政府の対北朝鮮アプローチはかつてとは完全に変わる必要がある。

  陸軍大佐出身のパク・フィラク国民大政治大学院長は「今はICBM級どうのこうの言うのではなく、結局はICBM開発に到達するだろうし、そのような状況が起きても備えているため安心しても良いというメッセージを送る必要がある」とし「(政府のメッセージは)まだレッドラインに到達していないから何もしないという風に感じられる」と批判した。申ガク秀(シン・ガクス)元駐日大使も「政府がこのような立場を見せる目標が北朝鮮と対話の機会を狙うことだけにあれば、これは適切でない」とし「指導者があまりにも明確に違うと立場を示すことも良い方法ではない」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事