<フェンシング>韓国、アジア最強国のプライドを守る アジア選手権初日メダルラッシュ

<フェンシング>韓国、アジア最強国のプライドを守る アジア選手権初日メダルラッシュ

2017年06月16日15時29分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国フェンシングがアジア最強国のプライドを守った。

  男子フルーレのハ・テギュ〔大田(テジョン)都市公社〕は15日、香港アジアワールド・エキスポで開かれた2017アジア選手権大会男子フルーレ個人の準決勝で陳海威(中国)を15-12で下して決勝に進出した。続いてハ・テギュは張家朗(香港)も15-11で下して優勝した。この種目に一緒に出場したソン・ヨンギ(大田都市公社)は銅メダルを首にかけた。

  女子サーブル個人ではキム・ジヨン〔益山市(イクサンシ)庁〕とソ・ジヨン〔安山市(アンサンシ)庁〕が決勝にそろって勝ち上がり、金メダルと銀メダルを獲得した。キム・ジヨンは準決勝で江村美咲(日本)を15-14で下した後、決勝でソ・ジヨンを15-11で下して金メダルを手にした。

  これで韓国は初日に開かれた2種目で金メダル2個と銀メダル1個、銅メダル1個をそれぞれ獲得し、アジア最強国のプライドを守った。

  韓国代表チームは大会2日目の16日にも金メダルの獲得を狙う。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事