韓国でも「ポケモンGO」人気…EXOチャニョルなど芸能人も熱狂

韓国でも「ポケモンGO」人気…EXOチャニョルなど芸能人も熱狂

2016年07月14日10時18分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「ポケモンGO」
  拡張現実(Augmented Reality、AR)を利用したモバイルゲーム「ポケモンGO(Pokemon GO)」が世界的な人気を博しながら芸能人をはじめとする韓国の有名人も「ポケモンGO」ブームに続々と合流している。ポケモンGOはAR機能を衛星利用測位システム(GPS)とグーグル地図にリンクさせたゲームで、実際に町を歩きながら地図に表示された場所でカメラをオンにしてポケモンを捕まえることができるゲームだ。

  問題は韓国では正式配信が行われていない点だ。だが、オンラインを中心に束草(ソクチョ)や鬱陵島(ウルルンド)などでプレーできるという話が出て、関心が一気に高まっている。

  EXOチャニョルは13日、自身のインスタグラムに「どうか韓国でも#ピカチュウを捕まえてどうする#束草に行ってみるか#ギョンスよ、ポケモン捕まえたい#ポケモンGO」というコメントとともにポケモンGOのプレー映像を掲載した。

  歌手チョン・ジュニョンもこの日、自身のインスタグラムに「弘大(ホンデ)をポケモンが出てくるまで歩いた。イラつく。すぐに束草に行く。ソウルだけでもGPSを解いてくれたらいいのに。道だけでもいいから」というコメントを載せてポケモンGOに対する切実な思いを綴った。

  tvNで放映されたバラエティ番組『ザ・ジーニアス:ゲームの法則』に出演して有名になったハッカーのイ・ドゥヒ氏は束草でポケモンGOをプレーした感想をSNSにアップした。

  イ・ドゥヒ氏はこの日、自身のインスタグラムに「数日前からポケモンGOをすごくやりたかったのだが、束草ではできるという話を聞きつけてすぐに出発」としながら「到着してアプリを立ち上げて遠くに体育館が見えた時、切実に待ち望んでいた何かを成就すると感じられる感動が押し寄せてきた」とコメントした。

  引き続きイ氏は「すでに束草エキスポ公園でポケモンGOをしている人がいた。仲間に会ったような気持ちだったが、とても走り寄って話しかけるようなことはできなかった」とその時の様子を説明した。

  一方、束草でポケモンGOがプレーできるという話に、この日午前には束草行きの高速バスがすべて売り切れたというウワサが広がるハプニングが起きた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事