【時論】韓米首脳会談を踏み石に南北関係に弾みを(1)

【時論】韓米首脳会談を踏み石に南北関係に弾みを(1)

2015年10月21日10時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  17日の韓米首脳会談を見て、米国最高クラスの要人の過去の発言が思い出された。2013年9月にヘーゲル国防長官は韓日関係を念頭に置いて「歴史と安保問題をしっかり区分しなければならない」と話した。2013年12月にバイデン副大統領は韓国の対中関係を意識したように「米国の反対にベッティングするのが良いベッティングだったことはない」とした。2014年4月にオバマ大統領は「韓国の対中経済協力を歓迎するが韓国の安保の基礎は米国」と強調した。

  これらの発言と比較すると今回の韓米首脳会談は両国関係に対する懸念を払拭し強力な韓米同盟を再確認したものと評価できる。ヘーゲル長官に続き国防長官を務めるカーター長官はペンタゴンを訪問した朴槿恵(パク・クネ)大統領を21発の礼砲と儀仗隊パレードで迎えた。

  バイデン副大統領はアジアの首脳では初めて朴大統領を官邸に招き、玄関まで出てきて出迎えた。彼は2年前の自身の発言を取り消すかのように韓中関係の発展を支持すると話した。オバマ大統領は韓国の統一ビジョンだけでなく統一過程での韓国の主導権を支持した。

  このような米国の劇的な態度変化は米国が韓国の統一に対する戦略的ロードマップに対し理解し信頼したこともあるが、韓国の統一準備がアジアで米国の戦略的利害と相反しないということを確認したためだっただろう。

  韓国の戦略的ロードマップと関連し米国は核心事項に対して共感を示した。まず韓米両国は北朝鮮に対する状況認識を共有し、対北朝鮮政策共助を誇示した。「北朝鮮に関する韓米共同声明書」を通じ、北朝鮮の核とミサイル開発は国連安保理決議の常時的な違反であり、北朝鮮が弾道ミサイルや核実験をする時には国連安保理の追加制裁などで代価を払うことになるだろうと警告した。両首脳は北朝鮮の核とミサイル能力の持続的な高度化に対し懸念を示し、北朝鮮の核問題を最高の緊急性と意志を持って取り扱うことにした。

  2番目に統一問題と関連し米国は韓国の南北対話努力とドレスデン構想などを支持し、統一に有利な環境を作るための韓米高位級戦略会談に合意した。

  3番目にいわゆる韓国の対中傾斜論と関連し米国は南北統一過程で中国の役割が重要だという韓国の立場に対し共感を示した。韓国が提案した北東アジア平和協力構想に対する支持を表明したのは北東アジアで平和的な協力と北朝鮮の非核化に対する中国のより積極的な役割を促す韓国の努力を認めたものだ。米国は来週開催される北東アジア平和協力構想会議に昨年よりクラスを1段階高めソン・キム副次官補を代表として送ることにした。

【時論】韓米首脳会談を踏み石に南北関係に弾みを(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事