【コラム】ワシントンに日本が帰ってきた(1)

【コラム】ワシントンに日本が帰ってきた(1)

2014年09月19日08時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イラスト=キム・フェリョン
  慰安婦問題を伏せようとする日本のロビー活動が猛烈だ。しかし決して容易なことはないだろう。慰安婦問題はすでに韓日間のイシューから抜け出した。人類の普遍的人権を侵害した事件に格上げされたのだ。米ワシントン政界に続き、スイス・ジュネーブの国連人権委員会でも慰安婦問題が本格的に扱われたというのがその証拠だ。日本のロビー活動がいつよりも熱くなるしかない。米政界に精通したある人物は「毎月3人ずつ日本の核心人物がワシントンを訪問する」と伝えた。

  こうした中、ワシントン政界の関心を引く長文の記事が6日の米ニューヨークタイムズに掲載された。ブルッキングス研究所、米戦略国際問題研究所(CSIS)など米国を代表するシンクタンクの話だった。過去4年間、これらシンクタンクが外国政府から少なくとも2400万ドルを受けて顧客の望む研究結果を出したという暴露だった。さらにNYタイムズは問題の研究所が顧客のために米ホワイトハウス、国務省関係者との面会まで斡旋したと主張した。

  しかし筆者の目を引いたものは記事に添えられた参考資料だった。ブルッキングス研究所の国別授受内訳で、各国がワシントン政界に直接・間接的に影響力を及ぼすためにどれほど熱心に動いているかが見えてくる。この資料によると、ブルッキングス研究所は日本大使館と航空自衛隊から31万ドルを受けた。韓国は外交部と韓国国際協力団(KOICA)が26万ドルを支援した。日本の国内総生産(GDP)が韓国の4.5倍であることを勘案すると、意外に多く見える。

  しかし、韓国の選択肢が増えて影響力も急成長したと判断すれば大きな誤算だ。日本の本当の実力は別のところにあるからだ。日本政府は1970-80年代から大物ロビイストを雇用し、米政界を動かしてきた。ワシントン事情に詳しいこの人たちは、今年に入って日本がホワイトハウス・議会、そして国務省を相手にいつよりも猛烈にロビー活動を展開していると口をそろえる。

  安倍首相の言動を見れば当然の手続きだ。2007年に米議会で慰安婦決議案が通過する時、日本は安倍首相だった。しかも米政界は慰安婦決議案の処理時点を安倍首相の訪米に合わせた。厳しく警告するという意図であった。対米関係にかける安倍首相としては慰安婦決議案は忘れられない恥辱であり、のどに引っかかった魚の骨のような存在だ。安倍氏が2度目の首相になってワシントンを初めて訪問した時に吐いた言葉が「日本が帰ってきた(Japan is back)」だった。

  米国は「外国ロビイスト登録法(FARA)」を制定し、外国政府のために動くロビー活動会社の詳細な活動やコミッションなどを公開する。これによると、現在、日本政府のためにロビー活動をしているところは計41カ所。韓国の場合、24カ所にすぎない。数字も数字だが、コミッションの規模と活動内容でも相手にならない。

  例えば米バージニア州が日本海と表記していたのも東海も併記すると、日本大使館はこれを防ぐためにマグワイアウッドという会社に2万5000ドルを支払った。

  慰安婦問題にはさらに多くのお金を注ぎ込んだ。日本政府は自国に有利な雰囲気を作るためにホーガンロベルス、ヘクトスペンサーの両社にそれぞれ52万3000ドル、19万5000ドルを渡した。両社は慰安婦決議案に率先した米議員と韓国海外同胞団体の動きを調査し、日本側に報告したという。

【コラム】ワシントンに日本が帰ってきた(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事