【噴水台】崇礼門が哀願する、二度と小さな火種を大きな火魔にするなと(1)

【噴水台】崇礼門が哀願する、二度と小さな火種を大きな火魔にするなと(1)

2013年05月06日15時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  5日午前9時、崇礼門(スンレムン=南大門)前。ある団体観光客が大きな声で話している。英語と韓国語が混ざっている。久しぶりに韓国を訪問した在米韓国人の一家だ。最も年輩のファンさん。80歳を超えているが、スリムでしっかりとした足どりだ。ちょうど5年ぶりに復旧した崇礼門の一般開場を迎え、立ち寄ったという。「私が幼い頃はこのような姿でなかった。日本の奴らがみんな変えた」。一緒に来た妻のキムさんが答える。「これが本来の姿ですって。ビッグファイヤーですっかり焼けて、今回、きちんと直したそうです」。婿ほどの若い人が聞きなおす。「ビッグファイヤー?」。「そうだ。大火事。寄付を受けてまた作り直したのだ。その意味は大きい」。

  崇礼門広場の入口にはすでに70-80人が集まっている。文化財庁の職員がパンフレットを配っている。ファンさんの一家の会話は続く。「これが国宝1号だって」。「すっかり焼けてしまったのに、それでも国宝1号?」。「非常に重要な文化財だから」。「その重要なものがなぜ全焼したのか」。

  崇礼門がまた姿を現した。同時に崇礼門をめぐる2つの課題も再浮上した。一つは以前からの国宝1号論争だ。日帝強制支配期に何の意味もなく決められた国宝1号であるだけに変えるべきだという側と、そのまま維持するべきだという側が、20年前から対立している。今回もひとまず国宝1号の維持という結論が出たが、再議論すべきだという主張は消えていない。火に焼けたのがもう一つの口実になった。2005年に焼けた洛山寺も復元されたが、宝物から解除された。

【噴水台】崇礼門が哀願する、二度と小さな火種を大きな火魔にするなと(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事