<野球>Uー18W杯、韓国が日本を撃破して決勝へ…6度目の優勝に王手

<野球>Uー18W杯、韓国が日本を撃破して決勝へ…6度目の優勝に王手

2017年09月11日06時56分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
U-18W杯の韓国代表チーム
  野球のU-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で、韓国が宿敵・日本を倒して決勝に進出し、歴代6回目となる優勝に挑戦する。

  韓国は10日(日本時間)、カナダ・オンタリオ州サンダー・ベイのポートアーサー・スタジアムで開かれた第28回WBSC・U-18ベースボールW杯のスーパーラウンド第3戦となる日本戦で、6-4で勝利を飾った。韓国は1回裏、無死2・3塁でクァク・ビンのセカンドゴロで3塁ランナーがホームを踏んで先取点をあげた。続いてイェ・ジンウォンのレフトタイムリーツーベースで1点、さらにチェ・ジュヌのタイムリーヒットで各1点ずつ追加して3-0まで点差を広げた。

  だが続く2回表、韓国は日本に3点を許し、同点に追いつかれた。

  韓国は直ちにリードを取り返した。2回裏、一死満塁でペ・ジファンの押し出しフォアボールで4-3と再びリードし、続いてカン・ベクホがレフトにタイムリーヒットを放った。カン・ベクホは4回にも2死1塁でダメ押しのタイムリースリーベースを記録した。韓国は6-3までリードを広げた。韓国は6回表に日本に1点を許したものの、二死1・2塁でリリーフとして登板したハ・ジュニョンが2 1/3イニングで1被安打無失点と好投を見せて日本をおさえた。その後に登板したキム・ヨンジュンが9回をノーヒットノーランで締めくくった。

  3番打者・捕手として先発出場したカン・ベクホは、この日4打数2安打2打点で大きな活躍を見せた。「テーブルセッター」チャン・ジュンファン(1安打2得点2四球)とペ・ジファン(1安打1得点1四球)もその役目を十分果たした。

  韓国は予選とスーパーラウンドの成績を4勝1敗・2位として決勝行きを決めた。1981年、1994年、2000年、2006年、2008年に続き歴代6度目となる優勝に挑戦する韓国は、11日午前6時、9日に0-2で敗北を喫している米国と決勝で激突する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事