受取額が少なくて不安…韓国の年金制度は「D等級」

受取額が少なくて不安…韓国の年金制度は「D等級」

2015年10月21日10時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
グローバル年金指数ランキング
  韓国の年金制度が世界主要国のうち最下位水準と評価された。オーストラリア金融研究センターとグローバル・コンサルティング企業マーサーが20日発表した「グローバル年金指数ランキング(Melbourne Mercer Global Pension Index 2015、MMGPI)」によると、韓国は総点43.8点でD等級だ。評価対象25カ国中24位だ。インドネシア(48.2点、21位)と中国(48点、22位)にも遅れをとっている。25位はインド(40.3点)だった。

  MMGPIは2009年に11カ国で調査を開始し、次第に評価対象国を拡大している。対象国家は地域的多様性や年金制度の成熟度を勘案して選ぶ。MMGPIは国民年金・基礎年金のような公的年金や退職年金など私的年金を含む各国の年金システムの適正性(引退後に支給される年金額が老後の生活を維持するために充分かどうか)、持続可能性、完全性(公的年金を補完する私的年金市場がどれくらい活発に運営されているか)等を総合的に評価する。

  今回の調査の平均は韓国平均より16.7点高い60.5点だった。デンマーク(81.7点)とオランダ(80.5点)は積立率が高く年金システムを永続しやすく、私的年金市場が発達している点が評価されて高い点数を受けた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事