【グローバルアイ】韓日の境界線を綱渡りする「在日」

【グローバルアイ】韓日の境界線を綱渡りする「在日」

2015年08月10日15時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本で生まれ、ずっと日本語を使いながら生きてきた。日本の学校に通い、日本の会社に就職して12年間働いた。そんな彼に2013年5月、ことが起こった。業務を終わらせ同僚10人余りとともに夕方の終礼に参加した時だ。6カ月前から関係がこじれていた社長が彼を名指しして声を高めた。「この人は在日韓国人だ」。それと共に「君、これからは朝鮮の名前を明らかにしたらどうだ?」と公開的に話した。無理な業務指示に従わないため報復のつもりで彼の国籍を暴露したのだ。日本人の同僚たちは驚いた表情だった。

  日本の東海地方に住むA氏はその日を忘れられないといった。「全身が熱くなり、冷や汗がほとばしってしばらく何も考えられなかった」と打ち明けた。彼はいわゆる「在日」と呼ばれる在日同胞だ。韓国国籍を持つ特別永住者だ。韓国の実名もある。だが日本の名前をいわゆる通名としてずっと使ってきた。幼少時から日本人たちの隙間で日本人のように生きてきた。事実、彼の体の中には韓国人と日本人血が半分ずつ流れている。父は日本人の祖父母から生まれた日本人だ。祖父が離婚後、韓国人と再婚して父は韓国国籍を持つようになった。母は在日だ。

  在日の人生は、韓国と日本の境界線上で綱渡りをするように危険だ。両国どちらにも属することができないままアイデンティティの混乱を経たりもする。日本の法務省によれば現在、韓国国籍の特別永住者は35万人余り。日本の名前を使い、日本の外に出たことがなくても、日本への帰化は即座に決心し難い。「母国を捨てることはできない」という胸の内の熱いものと「下手をすれば背信者の声を聞く恐れがある」という憂慮が入り乱れたケースが多い。事業家たちは「朝鮮人は朝鮮に戻れ」というスローガンが乱舞する嫌韓デモを見守っていると、日本の名前を捨てるのは容易ではない。銀行で金を借りることも困難になるのではないかと不安が大きい。

  A氏は社長を相手取って地方裁判所に訴訟を起こした。「昔に比べ韓国の実名を使う人が増えているのはよく知っている。だが、どの名前で生きていけと他人が強要してはいけない」と訴えた。第1審の裁判では彼が勝訴した。「韓国の名前と日本の名前のどちらを使うかは個人のアイデンティティに関する事項」と判決した。だが法廷闘争の過程で彼は解雇された。社長は控訴した。来月、東京高等裁判所で控訴審が始まる。

  在日たちは慎重だ。韓国の名前を使って生きてきた者たちと単純比較することを憂慮している。国籍の問題ではなく、個人の人格権・生命権の問題とみるのが妥当だという意見が多い。日本で生きることになった経緯も直面する状況もそれぞれ違うからだ。その一方で、本能的に故国の世論を見渡す。光復(解放)70年、ひょっとして韓国社会は唯一「在日同胞」だけに依然として「独立活動家」の人生を耐えろと要求しているのはでないだろうか。

  イ・ジョンホン東京特派員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事