韓国政府の会見、北の放送より25分遅れ…記者同行しない特使団「何もわからない訪朝」

韓国政府の会見、北の放送より25分遅れ…記者同行しない特使団「何もわからない訪朝」

2018年03月06日10時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領の対北朝鮮特別使節団が5日午後2時50分ごろに平壌(ピョンヤン)に到着したニュースは同日午後5時35分ごろに北朝鮮国営朝鮮中央テレビが先に報道した。朝鮮中央テレビの報道前にも青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「到着の知らせもまだ来ていない」と話していた。青瓦台は北朝鮮の報道から25分後の午後6時に会見を通じ関連の知らせを伝えた。

  この会見で青瓦台は特使団が金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長との面談と夕食を進めると伝えた。しかし北朝鮮が特使団をどのように待遇するのかものさしになる面談と夕食場所や北側の同席者などは知らされなかった。記者団の同行取材が許されず、すべての日程が非公開だったためだ。南北関係主務官庁である統一部の当局者は1日中「われわれが出す資料はない」とだけした。

  青瓦台関係者によると、平壌の特使団はソウルにすぐ報告するファクス通信網を構築した。写真は電子メールを通じて伝えたという。こうした方式では国民に伝えられる情報が制限的にならざるをえない。こうした理由のため南北対話局面で政府がメディアを疎外させるいわゆる「メディアパッシング」が広がっているという指摘が出ている。

  これに対し北朝鮮から金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委員会第1副部長が特使として訪韓した時は北側の記者数人が同行し近距離で取材をした。1月17日に板門店(パンムンジョム)で開かれた南北高位級実務会談の時も統一部は記者団同行取材を認めなかった。統一部当局者は「実務会談には記者団を連れて行かないのが一般的なためそのように決めた」としたが、当時も北側記者団は現場取材をしていた。

  先月25~27日の金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長の訪韓時も韓国政府は日程非公開で一貫した。文大統領が平昌冬季五輪閉会式前に金英哲に会ったのと趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官が金英哲と夕食をした事実は事後に公開された。1月21~22日に北朝鮮の玄松月(ヒョン・ソンウォル)三池淵(サムジヨン)管弦楽団長が公演施設を視察するために訪韓した時は当初玄松月の活動の様子も一切公開しなかった。その後メディアの抗議を受け最後の日程であるソウルの国立劇場を視察する玄松月の姿を3分ほど公開した。当時玄松月に質問しようとする記者らに韓国側要員が阻止することもあった。ある外信記者は「疎通を重視する韓国政府が南北関係においては不通であるようだ。青瓦台が自分の好みに合わせた情報だけ公開するということではないのかと懸念している」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事