<アジア大会>すでに4冠…日本の高校生が「アジア水泳女王」に

<アジア大会>すでに4冠…日本の高校生が「アジア水泳女王」に

2018年08月22日09時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「東京五輪に怪物が誕生した」。21日、日本スポーツ文化サイトTHE ANWERがある選手を表現した言葉だ。21日までに行われた2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会の水泳で金メダル4個を獲得した池江璃花子古(18)の登場に日本メディアは興奮を隠せなかった。2020年東京オリンピック(五輪)を控え、日本水泳界の希望だった期待株はアジア競技大会であっという間に「アジアの水泳女帝」に浮上した。

  池江が大会序盤に見せた結果は驚くほどだ。日本は19日、女子4x100メートルリレーで1994年広島大会以来24年ぶりに中国を破り、池江は同種目の金メダル獲得に寄与した。続いて20日にバタフライ50メートル、自由形100メートルで続けて優勝した。特に自由形100メートル決勝では大会新記録(53秒27)をマークし、1986年ソウル大会以来32年ぶりに同種目の日本の金メダリストになった。続いて21日のバタフライ100メートルでも金メダルを追加した。池江の大活躍などで日本は今大会、水泳だけですでに金メダル10個を獲得した。韓国と総合2位争いを予告した日本は池江の善戦に大喜びしている。池江は21日の800メートルリレーの銀メダルを含め、3日間に5種目に出場した。20日にはバタフライ50メートルの表彰式の6分後に自由形100メートル決勝に臨んだ。池江は「表彰式を冷静さを取り戻す時間だと考えた。特別な経験だった」と語った。

  2000年7月4日生まれの池江は現在、高校生。しかし日本水泳界で池江はスター級だ。池江は14歳で成人の大会に出るほど日本水泳界が戦略的に育成した選手だ。2015年ジュニア世界選手権でバタフライ50メートルと100メートルで優勝した池江はすぐに成人世界選手権にも出場して経験を積んだ。池江は満16歳だった2016年リオデジャネイロ五輪で個人4種目、団体3種目の7種目に出場し、先輩たちと肩を並べた。昨年のジュニア世界選手権でバタフライ50メートルと100メートル、自由形100メートルを制して3冠を達成し、女子の最優秀選手にも選ばれた池江は、早くも「日本水泳の女王」と呼ばれている。

  池江はバタフライだけでなく短距離自由形でも好成績を出し、多才多能という評価を受けている。幼い年齢で各種成人メジャー大会に出場しても納得できる記録を出せなければ悔しがるほど負けず嫌いな点も池江の強みに挙げられる。昨年、肩と足首を痛めて心理的なスランプがあったが、これを乗り越えた池江は今年初め、元日本五輪代表の三木二郎コーチを迎えた後、自信を高めてアジア競技大会の準備にまい進した。

  まだ池江のジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会への挑戦が終わっていない。3種目が残っている。さらに金メダルを追加し、日本のアジア競技大会女子水泳歴代最多金メダル(5冠王)、大会最優秀選手(MVP)にも挑戦する。「2020年東京五輪で金メダルを取りたい」という明確な目標を持つ池江への挑戦に日本、アジアの水泳が注目している。

  ◆中国の孫楊は3冠、キム・ソヨンは個人メドレーで銀

  中国水泳スターの孫楊(27)は21日に行われた大会自由形400メートル決勝で3分42秒92をマークし、金メダルを獲得した。孫楊は2010年、2014年の大会に続いて水泳男子自由形400メートルで3連覇を達成した。これに先立って出場した自由形200メートル、800メートルに続いて今大会3冠だ。

  韓国女子水泳のキム・ソヨン(24、慶北道庁)は女子個人メドレー400メートル決勝で4分37秒43をマークし、銀メダルを獲得した。アン・セヒョン(23、SKテレコム)は女子バタフライ100メートル決勝で58秒00をマークし、銅メダルをつかんだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事