韓国の海水浴場、利用客数トップは海雲台

韓国の海水浴場、利用客数トップは海雲台

2015年09月27日11時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年最も多くの人が訪れた韓国の海水浴場は釜山(プサン)・海雲台(ヘウンデ)だった。海洋水産部が26日に明らかにしたところによると、6月1日から今月10日まで1608万5000人が海雲台を訪問した。2番目は釜山の広安里(クァンアンリ)で1310万8000人だった。海雲台と広安里の2カ所は利用客が1000万人を超えた。3番目は忠清南道保寧(チュンチョンナムド・ポリョン)の大川(テチョン)海水浴場で911万4000人が訪れた。西海岸の海水浴場では利用客が最も多かった。釜山・松島(ソンド)海水浴場(753万人)と江陵(カンルン)の鏡浦(キョンポ)海水浴場(637万5000人)が後に続いた。

  海洋水産部によると、今年の全国の海水浴場利用客は9985万5284人で1億人に迫った。昨年より43.5%の増加だ。利用客が多く訪れる海水浴場には予想通り全国の有名海水浴場が上位に入った。都心や高速道路に近い海水浴場であるほど多様な行事が多く開催されるので人が集まりやすい。

  全利用客数では海雲台が1位だったが、営業日数を考慮した1日平均利用客数では海雲台を超える海水浴場がある。釜山・広安里だ。1日平均利用客数は広安里が18万2000人、海雲台が15万8000人、鏡浦が14万2000人、大川が14万人だった。海雲台の営業日が102日だったのに対し、広安里は1カ月少ない72日間の営業だったためだ。緯度が高い鏡浦は今年45日間だけ営業した。

  海水浴場利用客統計は自治体が集計し海洋水産部がこれをまとめて発表する。海水浴場を訪れた人が増えたとしても1年間に利用客数が43.5%も増加するだろうか。現実的に海水浴場に出入りする人を1人ずつ数えるのは不可能だ。したがって一定面積内にいる利用客数を集計して全体の利用客を推定する。誤差が生まれるほかない。また別の海水浴場との競争を意識した海水浴場が利用客を水増しする傾向があるとの指摘もある。

  こうした問題のため一部自治体では来年から海水浴場利用客数集計を変更する計画だ。海洋水産部関係者は「一部海水浴場は来年から携帯電話の衛星利用測位システム(GPS)や防犯カメラを利用して利用客数をさらに正確に測定することを検討している」と紹介した。このため来年は海水浴場利用客数が今年より減る可能性もあるという。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事